ニュース
» 2017年12月18日 12時06分 公開

ボーイング787が空港から大移動 道路を横断してお引っ越しする様子が公開される (1/2)

中部国際空港から、2018年夏に開業する複合型商業施設へと移動しました。

[ねとらぼ]

 ボーイング787が車道を横切って空港から商業施設へと移動する“引っ越し”が12月17日に愛知県常滑市で行われました。

ボーイング787 当日の様子

 中部国際空港から、2018年夏に開業する複合型商業施設「FLIGHT OF DREAMS(フライト・オブ・ドリームズ)」まで約900メートルを、ANA中部空港株式会社の社員が航空機の牽引を行う専用車(トーイングカー)で移動。その様子が映像や写真で公開されました。

 ボーイング787クラスの大きさの航空機が空港の制限エリア外へ移動すること、昼間に道路を横断することは珍しく、日本初の事例とのこと。見学者を募集したところ、開始後すぐに予定の3500人に達するほどの人気に。

 移動したボーイング787(ZA001号機)は施設1階に展示され、チームラボが手がける「見る」「読む」「動く」「触る」「聞く」というインタラクティブな体験ができるコンテンツを展開する予定。2〜3階にはボーイング発祥の地、米国・シアトル由来の飲食・物販店舗が出店します。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.