ニュース
» 2017年12月27日 19時15分 公開

WWF メコン川流域で1年間に115種の新種生物が発見されたと発表

手放しに喜べない現実もありました。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 WWF(世界自然保護基金)は、2016年の1年間にメコン川流域で新たに115種の新種生物が発見されたと発表しました

WWF新種生物 ベトナム北部の川で発見されたモグラ(Euroscaptor orlovi)。地中で生活するためか、個体数は現状比較的安定している。

 メコン川は、チベット高原から南シナ海まで4000キロ以上を流れる東南アジア最長の川。この流域で2016年の1年間に新種として確認された種(一部亜種を含む)の内訳は、哺乳類3種、魚類2種、爬虫類11種、両生類11種、植物88種でした。

 WWFが調査を開始した1997年から2016年までの間にメコン川流域で発見された新種は計2524種となり、平均すると1週間に2種ずつ発見された計算になります。すごい。

WWF新種生物 ベトナムシナワニトカゲ(Shinisaurus crocodilurus vietnamensis)。ベトナムで生存するのはわずか200頭と見込まれている。2003年に発見されていたものの、2016年になってから、在来種とは別の亜種と認定された。
WWF新種生物 カタツムリを食べるカメ(Malayemys isan)。川や森の中ではなく、タイ北部のマーケット2カ所で研究者により発見された。ダムの開発により、既に脅威にひんしている。
WWF新種生物 顔が蹄鉄の形をしたコウモリ(Rhinolophus monticolus)。ラオスとタイの間にある森で見つかり、新種と認定されるまでに10年間かかった。
WWF新種生物 カエル(Odorrana Mutschmanni)。ベトナム北部の森で見つかった。セメントの採石場や道路建設による森林破壊により危機にひんしている。
WWF新種生物 カンボジアで発見されたドジョウ(Schistura kampucheensis)。

 しかし、今回見つかった種の多くは開発による環境破壊や密猟・違法取引により、既に絶滅の危機にひんしているとみられます。

 WWFメコン・プログラム代表のスチュアート・チャップマン氏は今回の発表に際して次のようにコメントしています。

このメコン川流域は、素晴らしい自然環境や野生生物が存在します。そして、それだけでなく、多くの人々が生きていくためにも必要な場所です。貴重な自然や野生生物を保全しながら、人の暮らしも持続可能に続けられるよう、活動を続けます。

WWF新種生物 ベトナム ラオカイ省の山

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう