ニュース
» 2018年01月03日 18時00分 公開

うちの母のお弁当、ちょっと変わってますか? 編集部員の母弁、2017年振り返り (4/6)

[Kikka,ねとらぼ]

母、寒天にハマる


photophoto

 昨年行った“ご当地メシ”という企画で秋田のポテトサラダ寒天を取り上げてからというもの、母に寒天ブームが到来。毎食何らかの寒天が出てきます。母弁も例外なく、寒天モードでエビ、キュウリ、トマトなどのゼリー寄せ風寒天が入っていました。寒天はめちゃくちゃお腹いっぱいになるのでオススメです。

キンパ with 寒天寄せ


photophoto

photo

 翌日もしっかり寒天でした。韓国料理ののり巻き、「キンパ」とともにサラダ寒天が付いていました。飽きが来ないように自家製バジルソースが付いていたのはうれしかったです。

オフィスで完成させる系チャーハン


photophoto

photophoto

photo

 チャーハンの形にこだわりを持っている我が家。この日はお茶碗にぎっしりはいったチャーハンと中華皿が入っていました。チンしてひっくり返せという事なんだろうと思い、オフィスで完成させました。やっぱり料理は見た目が大事。

焼き肉丼と茶碗蒸し


photophoto

photophoto

 焼き肉弁当に茶碗蒸しが添えてありました。もちろん茶碗蒸しは陶器に入っているのですが、通勤でシェイクされてしまったらしく、形が崩壊してしまいました。「茶碗蒸しはお弁当に向かない」が検証されてしまいました……。

photo

ベーコンサンド


photophoto

photophoto

photo

 ベーコンサンドに鴨煮、ズッキーニのオリーブオイル焼き、オレンジ、コーンスープというアメリカンなランチです。コーンスープはトウモロコシから手作りしたようでつぶつぶとした食感が楽しかったです。自家製スープおいしい。

寝過ごしを自供、多国籍詰め合わせ


photophoto

 どうやら朝寝過ごしたらしい母。わび状が付いています。なんとか冷蔵庫のものを詰めたらしく、斬新な切り方のキュウリに、カップからはみ出した枝豆がパニックを表しています。たまにはこういうのもあり。

竹皮むすび with グレフル寒天


photophoto

photo

 日本昔話で見そうな武川のおむすびにブーム継続中のグレープフルーツ寒天です。竹皮に包むと独特な香りがご飯に移っておいしいですね。先人の知恵は偉大。

「キンメダイの頭煮つけました」


photophoto

photophoto

photo

 キンメダイの頭とメバルが安売りされていたらしく“美しく”煮付けられていました。その他のおかずは卵焼きにポークピッツとシンプル。煮魚ランチっておいしいですよね。

角煮祭り


photophoto

 突如角煮ブームがはじまり、母弁も角煮仕様です。冷めたら固くなるかなと思いましたが、意外としっとりしておいしかったです。何だか台湾で食べたお弁当を思い出しました。

冷やし中華はじめました


photophoto

photophoto

 毎年おなじみの冷やし中華弁当が今年も登場。麺、具、スープをオフィスで組み合わせて完成させるスタイルです。プリプリのエビとキュウリ、枝豆と食感が楽しい一品でした。麺にごま油を掛けておくとほぐれやすくなるらしいですよ。

自家製ビッグバーガー


photophoto

photophoto

photo

 超巨大なビッグマックを作った「限界ビッグマック」で、余ったパン生地を使ってハンバーガーを作ってくれました。が、そのサイズが巨大。直径が11センチぐらいあるうえに、大量のポテトも付属。生物部の部長に「それマジで食べるの? 食べきれる?」と心配されましたが、おいしかったのでしっかり完食しました。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.