ニュース
» 2018年01月26日 14時50分 公開

楽天とウォルマートが提携 「楽天西友ネットスーパー」を協働運営へ

米国では楽天Koboがウォルマートで独占販売されることに。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 楽天がウォルマートとの、日米における戦略的提携を発表しました。施策の1つとして、ウォルマートの日本子会社である西友が、日本でネットスーパー事業「楽天西友ネットスーパー」を楽天と協働運営するための新会社を設立します。


公式発表 発表文

 西友は既にDeNAと共同でネットスーパー「SEIYUドットコム」を展開していますが、2018年度第3四半期(7〜9月)からは楽天との新サービスを開始。ビッグデータやAIを活用した商品の提案を行うほか、楽天スーパーポイントを楽天西友ネットスーパーに導入するとしています。


SEIYUドットコム SEIYUドットコム

 この提携では、楽天の電子書籍サービス「楽天Kobo」の米国における量販店として、ウォルマートが独占販売することも決定。端末やコンテンツが「Walmart.com」で提供されるほか、実店舗ではデジタルブックカードが販売されます。また、楽天Kobo上の全電子書籍コンテンツが、両ブランドを冠した無料アプリでも読めるようになるとのことです。


Kobo 楽天Kobo端末のスタンダードモデル「Kobo Aura H2O」

 楽天の代表取締役会長兼社長、三木谷浩史氏は「提携により、お客様により満足いただけるようなお得なサービスをお届けできるようになることを、心よりうれしく思います」とコメント。ウォルマートの最高経営責任者、ダグ・マクミロン氏は「日本のEコマースを牽引する楽天との提携に大変期待しています」と述べています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう