ニュース
» 2018年02月01日 08時00分 公開

チョコ×つけ麺、今年も登場 麺屋武蔵から「つけガーナ2018 〜トリュフの香り〜」

このコラボも10年目。

[ねとらぼ]

 毎年恒例、ロッテとラーメン店「麺屋武蔵」のコラボが今年もスタートします。2月3日から14日まで、チョコを使ったつけ麺「つけガーナ2018 〜トリュフの香り〜」を数量限定で販売します。価格は税込1110円。

つけガーナ つけガーナ2018 〜トリュフの香り〜

 今年のつけ麺はガーナミルクを約1枚使用。またトリュフを削って上からかけ、麺にもトリュフオイルを絡めています。トッピングはウイキョウの葉とセルフィーユの葉のミックスハーブ、ガーナミルク、鴨肉、卵を凍らせて黄味だけを取り出し昆布出汁に漬けた卵ボール。つけ汁はガーナミルクと牛コンソメベースのスープに人参、たまねぎ、ウイキョウなどの香味野菜を合わせたもの。昆布で出汁を取った牛乳をムース状にしてのせ、チョコパウダーでハートマークを描いています。

つけガーナ ガーナミルク

 新宿総本店、浜松町店で各店1日20食限定で販売。

つけガーナ
つけガーナ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう