ニュース
» 2018年02月09日 18時50分 公開

ムー×自治体の謎コラボ 月刊『ムー』の記者となって横須賀の隠された歴史の謎を解くイベント開催

月刊『ムー』編集長・三上丈晴氏が登壇するトークショーも開催。

[宮原れい,ねとらぼ]

 月刊『ムー』が監修し、横須賀集客促進実行委員会が主催となって行われるコラボ謎解きイベント「ムー×自治体!? 横須賀の謎と不思議に挑戦するヨコスカ歴史ミステリー」が2月24日から開催されます。期間は5月6日まで。


ムー 自治体 横須賀 謎解き イベント

 イベントは自分がムー記者となり、横須賀の隠された歴史を紐解いていくというもの。「オトタチバナヒメ入水伝説に迫る!」「青い目のサムライ、三浦按針の正体とは!?」「予告されていた!? ペリー来航、その時日本人は...」という3つの謎を解き明かし、総力特集の記事を完成させることが目的となります。

 街歩きエリアは横須賀市走水、観音崎、浦賀、久里浜。またすべての謎を解き明かすためにスマートフォンが必要です。

ムー×自治体!? 横須賀の謎と不思議に挑戦するヨコスカ歴史ミステリー

謎解き台紙配布場所

京急線各駅(横須賀市内)、横須賀市観光案内所 スカナビ i、ドブイタステーション、観音崎京急ホテル、観音崎公園パークセンター、横須賀美術館、浦賀行政センター、久里浜行政センター(※2月24日より配布予定)

開催場所

走水・観音崎・浦賀・久里浜

※月曜・火曜は謎解き報告できない場所があります


ムー 自治体 横須賀 謎解き イベント

 さらに3月4日には、コラボを記念した「横須賀ミステリートークショー」を開催。月刊『ムー』編集長・三上丈晴氏と横須賀開国史研究会会長・山本詔一氏が登壇し、トークテーマは「古代より国難を受け入れ、そして克服してきた、横須賀の海が背負う奇怪な宿命とは?」。その後交流会もあり、会費は1820円(税込)。2月9日〜2月19日10時まで観光情報サイト「ここはヨコスカ」内にて参加者を募集しています。

ムー×横須賀コラボ記念 横須賀ミステリートークショー

概要

(1)日時

3月4日 トークショー12時〜、交流会13時30分〜(予定)

(2)会場

割烹旅館 東京湾(横須賀市走水 1-2-19)

(3)会費

1820円(税込)

※おとたちばな御膳・お茶付き

※トークショーのみ、交流会のみの参加でも会費はかかります

(4)定員

80人 ※応募者多数の場合は抽選となります

(5) 登壇者

学研プラス 月刊「ムー」編集長 三上丈晴氏

横須賀開国史研究会会長 山本詔一氏

(6) トークテーマ

古代より国難を受け入れ、そして克服してきた、横須賀の海が背負う奇怪

な宿命とは? ※トークテーマは都合により変更になる可能性があります

(7)交流会

トークショー参加者で集まり、おとたちばな御膳を食べながらお気に入りのオカルトネタなどで交流を深める

(8)申込方法

観光情報サイト「ここはヨコスカ」内にて募集

(9)申込期間

2月9日10時〜2月19日10時まで

(C)月刊ムー



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう