ニュース
» 2018年02月16日 11時00分 公開

オールディズニーが舞浜にやってきた3日間:ディズニーファンのための祭典「D23 Expo Japan 2018」をマニアックに眺めてきた (1/3)

パークから映画まで、ディズニーの祭典に行ってきました。

[宮田健(dpost.jp),ねとらぼ]

 2018年2月10〜13日、東京ディズニーリゾートは連休のさなか、熱狂につつまれていました。ディズニーのファンクラブ「D23」の名前を冠し、アメリカ外では唯一開催されている祭典「D23 Expo Japan 2018」が終了しました。チケットは抽選制で販売され、VIP体験ができる「Eチケット」の倍率は50倍という超プラチナチケット。今回はその熱狂の3日間を、ディズニーマニアの視点でお送りしたいと思います。

舞浜アンフィシアター 舞浜アンフィシアターには巨大なミッキーが描かれました

そもそも「D23」って?

 まず、今回のイベント名称になっている「D23」について。この組織は米国ディズニーのファンを束ねる公式なファンクラブで、“23”とはウォルト・ディズニーが会社を創設した1923年を基にしています。そのD23が2年に1回、カリフォルニアのディズニーランド近くで開催する大規模なファンイベントが「D23 Expo」です。

 本家D23 Expoでは7000席ものゲストが入れる大ホールでのプレゼンテーションや、さまざまなブース、ファンがグッズの即売会を行うエリアなど、まさに「ディズニーオンリーのコミケ」のようなお祭りです。

 前回は2017年に開催しており、ねとらぼでもレポート記事を公開しています。2017年はスター・ウォーズの世界がディズニーランドで楽しめるエリア「Star Wars: Galaxy's Edge」の巨大モデルなどが登場しました(関連記事)。

 その祭典がここ、日本でも開催されています。今回は日本で3回目のイベントで、舞浜アンフィシアターでのプレゼンテーション、貴重なアイテムを展示する「ウォルト・ディズニー・アーカイブス展」が行われ(関連記事)、大量の記念グッズが発売されました。東京ディズニーシー・ホテルミラコスタや東京ディズニーランドホテルも会場の一部となり、普段とはちょっと異なる雰囲気を醸し出していました。

 折しも東京ディズニーリゾートは間もなく35周年を迎えるというタイミング。2018年はマーベル「ブラックパンサー」「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」、スター・ウォーズの外伝作品「ハン・ソロ」、そしてディズニーアニメ「シュガー・ラッシュ:オンライン」の公開を控えており、現時点での最新情報がD23 Expo Japan 2018で公開されました。

魔法使いの弟子 ミッキー それでは、スタート! オープニングセレモニーには魔法使いの弟子、ミッキーが登場

今や「マーベル」「スター・ウォーズ」も広義のディズニー映画

 メインとなるのは、映画、テーマパーク、音楽の最新情報を伝えるプレゼンテーション。3日間で7つのプレゼンテーションが行われ、ここでしか見ることのできない貴重な映像や、監督、俳優たちがD23 Expo Japanの参加者に向けた特別なメッセージが流されるなど、特別な発表が行われました。

 初日は「オープニングセレモニー」として、ディズニーの重役やミッキーだけでなく、「リトル・マーメイド」「アラジン」などの作曲を手掛けたアラン・メンケンが登場、実写版「美女と野獣」の新曲を披露するというサプライズもありました。その他、劇団四季の「ノートルダムの鐘」にカジモド役で出演する海宝直人さん、舞台版「メリー・ポピンズ」に出演する濱田めぐみさん、島田歌穂さんも登場し、すてきな歌声を披露していました。

D23 総責任者 ミッキーの隣にいるのは、D23の総責任者、マイケル・ヴァーゴ氏

 初日の大きなプレゼンテーションは、今やディズニーの仲間入りを果たした「スター・ウォーズ」と「マーベル」の世界を紹介するもの。スター・ウォーズは2017年12月に「最後のジェダイ」が公開されたばかり。実はもうすぐ、また新たな「遥か彼方の銀河系」のお話がやってきます。

R2-D2 C-3PO R2-D2とC-3POも登場! (C) & TM Lucasfilm Ltd.

 それはあの男の若き時代の物語、「ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー」です。会場では監督のロン・ハワードからの特別なメッセージも紹介され、「ハン・ソロの成長、そしてチューバッカとの名コンビ誕生の瞬間も目撃できる」と述べました。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.