ニュース
» 2018年02月23日 17時45分 公開

おじいさんの手作りドールハウスが家具から風呂まで昭和仕様 昔暮らした家と錯覚しそう

シルバニアファミリーと組み合わせると……案外合う?

[沓澤真二,ねとらぼ]

 木製のタンスや座卓、緑一面のじゅうたんや独特の模様が広がる床――昭和40〜50年代の暮らしを思わせる住居の写真がTwitterで話題となりました。しかしこれ全部、建物ではなく精巧なドールハウス。昔自宅や友人宅で見たような、当時の風景がよみがえるできばえです。


内装 じゅうたんの色合いや玄関の敷石など、雰囲気が完全に昭和。壁にはビックリマンチョコのオマケ「かわりんごシール」が

内装 足にカーブのかかった座卓など、よく見ると細部まで精密に作り込まれていることが分かる

 投稿主は、会社勤めをしつつライターや写真家としても活動している萩原雅紀(@damsite)さん。妻が子どものころにシルバニアファミリーの家が欲しいと言ったら、彼女のおじいさんが作ってくれたものだそうです。外装・内装から家具に至るまで、食器以外は全て手作り。彼は職人やデザイン系の専門職ではなく、趣味の日曜大工で培った腕だけで仕上げたのだそうです。DIYってレベルじゃないな。


外装 外装はヘーベルハウス風

開放 パカッと開けると、こぢんまりとした間取りの部屋が

風呂 水色のタイルがていねいに貼り付けられた、お風呂場の仕上がりも完璧

 実際にシルバニアファミリーの人形と合わせた写真も。同シリーズの発売は昭和末期の1985年なので筆者の感覚と若干のズレはありますが、時代がマッチしているようにも見えます。世界観は違いますが。


シルバニア 萩原さんは「雰囲気が合わなくてちょっとホラーっぽい」としていますが、構図がそう見せているのだと思います

 ツイートには、「祖父の家とそっくり」「本当に人が住んでいそう」「シルバニアファミリーの家は持っていたけど、こっちのほうが好き」「ちびまる子ちゃんの人形のほうが合いそう」など、さまざまな感想が。おじいさんの愛情に感激する声も多数寄せられました。唯一無二の品ですし、子々孫々まで伝わったらステキだなと、勝手ながらに思います。

画像提供:萩原雅紀(@damsite)さん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう