ニュース
» 2018年02月27日 19時01分 公開

高精度AFに毎秒10コマの高速連写 ソニーの新型ミラーレス一眼「α7 III」が“ベーシック”らしからぬ高性能

「ベーシック」ってなんだろう。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 ソニーがミラーレス一眼カメラ「α7 III」を、3月23日に発売します。オープン価格で、市場推定価格はボディ単体で23万円、ズームレンズ(FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS)付きが25万円(税別)。特殊な新機能のないベーシックモデルとの位置付けですが、上位機種で培った技術が取り入れられており、基本性能はハイエンド機に迫る勢い。ネットの一部では、「どこが『ベーシック』なのか」といった声が上がっています。


レンズキット レンズキット付属のズームレンズ装着時

正面 ボディ正面

側面 側面

背面 背面

 有効画素数約2420万の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサーと、新世代の画像処理エンジン「BIONZ X(ビオンズ エックス)」を採用。常用ISO感度は最高51200(静止画拡張時ISO50-204800)の広い感度域を実現するとともに、色再現性を高めています。


階調表現 なめらかな絵作りが可能

高感度撮影 暗いシーンもくっきり

手ブレ 高度な手ブレ補正も

 AF(オートフォーカス)性能も秀逸で、撮像エリアの約93%をカバーする693点もの像面位相差AFセンサーを搭載。コントラストAF枠も425点に多分割化し、検出精度を大幅に向上させています。瞳を検出してフォーカスする「瞳AF」も進化を遂げ、被写体が振り返ったときやうつむいているときなど、従来はピントを合わせにくかった場面でも瞬時に捕捉するとのことです。


AF 上位機種「α9」と同様のAFセンサー

ボクサー 動きの激しい被写体にも追随する

瞳AF

瞳AF モデルが振り返るようなシーンでも瞬時にフォーカス

 最新のシャッターチャージユニットと画像処理システムにより、最高で毎秒約10コマのAF/AE(自動露光)追随高速連写が可能に。無音・無振動のサイレント撮影時でも同様の連写ができ、野生動物の撮影など、静かさが求められるシーンで威力を発揮します。


高速連写 連続撮影モード「Hi+」時は毎秒10コマ、「Hi」時は毎秒8コマ

サイレント 高速連写を静かにできるので、動物が見せる一瞬を捉えやすい

 動画撮影は4KおよびHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応。フルHD解像度では、毎秒120コマのハイスピード撮影や、最大で5倍のスロー撮影と60倍のクイックモーション撮影など、多彩な表現が可能となっています。


動画

 ほかにも、フル充電で710枚の静止画撮影に対応する大容量バッテリーや、デュアルのSDメモリーカードスロット(片方はUHS-II対応)など、利便性にも優れる一品。予約開始は3月2日10時からとなっています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう