コラム
» 2018年03月02日 11時00分 公開

【マンガ】大みそか恒例「NHK紅白歌合戦」は年に2回行われたことがある

大みそかは年に1回しかないはずですが……?

[ねとらぼ]

 10秒で読める「マンガで雑学」のお時間です。今回のテーマはこちら。

大みそか恒例「NHK紅白歌合戦」は年に2回行われたことがある



解説

 「NHK紅白歌合戦」といえば、大みそかの恒例となっている年に一度の人気番組。ですが、始まった当初から12月31日に放送されているわけではありません。第1回が放送されたのは1951年1月3日。出場歌手などの発表も行われていませんでした。現在と比べると、かなり小規模な正月番組だったわけです。

 しかし、第4回(1953年)から放送日が大みそかにシフト。すでに同年1月にも第3回が放送されていたため、紅白歌合戦が年に2回放送されることになりました

 ちなみに、同番組はもともとラジオ放送しかされておらず、テレビ中継がスタートしたのもこの第4回。NHKによれば、「女性陣はテレビ放送を意識して華やかな衣装で登場」「男性陣は『テレビは怖い、衣装に負けた』と悔しがった」という黎明期らしい展開があり、紅組が勝利したとか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう