ニュース
» 2018年03月31日 20時00分 公開

「バナナ貯蔵庫を襲撃して侵略の証に顔を置いていく」 SFC「ドンキーコング」が侵略ゲームだと思っていた話

分かる。

[コンタケ,ねとらぼ]

 スーパーファミコン用ソフト「スーパードンキーコング」を、悪役を操作する侵略ゲームだと思っていた話をまとめたイラストのつじつまが割りと合っていると人気です。正義と悪はいつだって表裏一体……。



 このイラストを投稿したのは、漫画家の退屈健さん(@sentakubasami1)。誤解が生じた原因は、プレイしたのが幼少期で、ゲーム冒頭で流れる「キングクルールにバナナを盗まれたドンキーたちが取り返しに行く」というストーリーを知らなかったことが原因だそうです。

 実際ストーリーを知らずにプレイすると、そこで繰り広げられている光景は「ウロウロするだけでこちらに攻撃を仕掛けてこないワニたちを一方的にぶちのめすドンキーたち」にしか見えません。この頃はまだ歩くだけで、攻撃アクションのない敵キャラも多かったですね。

 また、背景に大量のバナナが置かれているボス戦は「定期的な貯蔵庫の略奪」で、ステージクリアの証に表示されるマップ上のドンキーの顔は「制圧の証」だと思っていたとのこと。なるほど、話に矛盾がありませんね……困ったことに……。


スーパードンキーコング 退屈健スーパードンキーコング 退屈健 いろいろ納得してしまう勘違い

 こういった勘違いが積み重なった結果、ドンキーたちのやっていることは「平和なワニの島の侵略」だと思い込んでいたとのこと。ドンキーコングの初出は「マリオ」の敵キャラということもあって、非常に説得力があります。

 リプライ欄でも「大体合ってる」「大ざっぱだけど的確」といった意見が寄せられていました。侵略側だと思ってプレイし直してみると、また違った雰囲気のゲームに見えてくるかもしれません。

 このイラストを投稿した退屈健さんは現在、「つぶやきGANMA!」で「タイクツくんDX」を連載中です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう