ニュース
» 2018年04月02日 11時00分 公開

うぉ、かなりワイルドないい顔つき! トヨタ、「RAV4」を日本市場で復活 2019年春発売へ (1/2)

5代目として、SUVらしい力強さをより重視して改良。日本では3代目以来の導入(画像20枚)

[agar,ねとらぼ]

 トヨタ自動車は、2018年3月に開催された「ニューヨークモーターショー2018」で、新型「RAV4」を発表しました。

RAV4 ニューヨークモーターショー2018で公開した新型「RAV4」

 RAV4はクロスオーバーSUV(スポーツタイプ多目的車)の先駆的存在として、オフロードだけではなく街乗りでも楽しめるクルマを目指して1994年に登場。5代目となる新型は歴代モデルのコンセプトを受け継ぎながらも、SUVらしい力強さをより重視した改良を施しました。

 車体の基本設計は新世代プラットフォーム「TNGA(Toyota New Global Architecture)」を採用し、TNGAの強みである高剛性化と低重心化によって、操縦安定と乗り心地を高めました。また、ボディーの拡大やタイヤの大径化によって、より力強さを強調したデザインも実現しています。エンジンは2.5リッターの直列4気筒直噴エンジン「Dynamic Force Engine」で、上位グレードにはコーナリングや悪路での走行性能を高める新開発の四輪駆動システム「ダイナミックトルクベクタリングAWD」も搭載。このエンジンにハイブリッドシステム「THSII(Toyota Hybrid System-II)」を組み合わせたハイブリッド仕様車も用意します。

RAV4の内装 RAV4の内装

 運転支援機能も、歩行者検知や衝突回避支援などの予防安全機能を含めた、第2世代型のシステム「Toyota Safety Sense」を標準で装備。また、トヨタが米国市場向けに展開するインフォテインメントシステム「Entune 3.0 Audio」は、スマートフォンアプリの機能を車載ディスプレイ上で操作できる「Apple CarPlay」などが利用できます。

 新型RAV4は、米国向けには2018年末、日本市場では2019年春頃の発売が予定されています。特に日本市場では、2016年まで販売していた3代目以来の導入となります。

RAV4 RAV4
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.