ニュース
» 2018年04月02日 17時00分 公開

97歳のおじいさんが作ったアクセサリーにステキな歴史あり 物資不足の終戦直後、女性のために手作りしていた

お金も物もない時代に、独学で作って周囲の女性にプレゼント。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 2018年で97歳になるおじいさんが、若いころに作ったというアクセサリーが見事です。ツヤやサビのような加工がされているため一瞬金属製と思わせますが、よく見ると全て木彫り。「教会のレリーフのような美しさ」「クロムハーツかと思うクオリティー」と、Twitterで絶賛されています。


おじいちゃんのアクセサリー すてきっ

おじいちゃんのアクセサリー ペンダントとして着用すると、あらおしゃれ

 アクセサリーは捨てられる寸前でしたが、孫の水乃みのる(@Minoru_Mizuno)さんが引き取り、Twitterで公開しました。おじいさんが製作したのは終戦直後のこと。物資不足でおしゃれなアクセサリーなど手に入らないなか、独学で作って身の回りの女性へプレゼントしていたのだそうです。


おじいちゃんのアクセサリー ケースもおじいさんの手作りだそうです

 アクセサリーのできばえもさることながら、製作にまつわる逸話に感動する声も多数。プレゼントをもらった女性の1人がおばあさんなのでは? といった推測もあったのですが、定かではありません。水乃さんは機会があれば確認するとコメントしていますが、もしそうだったら1つの物語として成立しそうです。


画像提供:水乃みのる(@Minoru_Mizuno)さん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう