ニュース
» 2018年04月04日 20時43分 公開

地面に現れた「桜カービィ」 桜の花びらと枝を使って制作

すごいクオリティ!!

[ひーこ,ねとらぼ]

 突然地面に現れたのは、桜の花びらと枝でできたカービィ! カービィといえばシリーズ最新作「星のカービィ スターアライズ」が依然話題になっていますが、お花見がしたくて画面を飛び出してきてしまったのでしょうか。


桜カービィの写真 こんなところにカービィが!

 こちらの桜カービィは、ばぐまん(@bugman360)さんが作ったもの。散ってしまった花びらや、風で折れて落ちてしまった枝を使っているのだそうです。とってもリアルで、今にも「ぽよ〜」という声が聞こえてきそうですね。制作背景について、ばぐまんさんは「毎年ソメイヨシノの時期に各所を巡っておりますが、淡いピンクの色合いがカービィっぽいなあと思ったのが製作のきっかけでした」と話しています。



 ばぐまんさんがこの写真をTwitterに投稿すると「お見事」「ステキ!!」「これは芸術」と話題になり、またたく間に拡散されました。濃いピンクと薄いピンクの使い分けによる影の表現も絶妙です。材料を集めて、枝を並べて、花びらを敷いて……と非常に地道な作業だと思いますが、その根気に拍手を送りたいですね。


桜カービィの近めの写真 星のカービィならぬ「桜のカービィ」

 中には「風が敵ですね」と、花びらならではの弱点を心配する声も。お花見が終わったら、吹き飛ばされないよう無事に画面の中へ帰って行ってほしいですね……! 

 実はばぐまんさん、過去にはイチョウを使ってパックマンも制作していました。こちらもすごい再現度です! 


イチョウパックマン写真 パックマンならぬ「葉ックマン」

 画面の中のキャラクターを自然のもので表現した作品、とても風情を感じます。マネをする際は植物を傷つけてしまうことのないよう、落ちた花びらや枝を使ってくださいね。


画像提供:ばぐまん(@bugman360)さん


ひーこ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう