ニュース
» 2018年04月07日 20時00分 公開

まだまだあどけないけど、立派に成長するよ! クマ対策犬・ベアドッグが国内初出産 子犬6頭が誕生

ベアドッグ、知っていますか?

[錆,ねとらぼ]

 クマ対策犬・ベアドッグが日本で初めて出産し、子犬6頭が誕生しました。3月31日から4月1日にかけて母犬・タマが出産。クマの駆除を減らし人とクマが共存していくため、子犬の成長が期待されています。


ピッキオ タマと子犬たち

 ベアドッグはクマの匂いを察知し、遭遇する前に吠えてクマを森の奥へと追い払うクマ対策犬。人とクマの無用な遭遇を避け、クマを殺さずにクマ対策を行うのが役割です。


ピッキオ 1頭目(メス:452グラム)

 母犬・タマは産まれた6頭たちから一瞬たりとも離れようとせず、授乳と排せつの世話をしているようです。まだまだあどけない子犬たちですが、2018年の7月からはベアドッグとして活躍するための訓練に入ります。


ピッキオ 2頭目(メス:429グラム)

ピッキオ 3頭目(メス:485グラム)

ピッキオ 4頭目(オス:562グラム)

ピッキオ 5頭目(メス:414グラム)

ピッキオ 6頭目(メス:450グラム)

 長野県軽井沢町の「ピッキオ」は野生動物の調査や自然観察ツアーを手掛けているNPO法人。ベアドッグの誕生へ向けクラウドファンディングで支援を募り、無事に子犬6頭が産まれました。子犬たちの今後の活躍を楽しみにしましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう