ニュース
» 2018年04月07日 17時15分 公開

「ステラおばさん」になりきる友人のLINEが謎の完成度 「あたしはステラ、最高のクッキーを焼くために生きているのさ」

似てる……のか?

[マッハ・キショ松,ねとらぼ]

 ―――あたしはステラ、最高のクッキーを焼くために生きているのさ

 「クッキーでおなじみ『ステラおばさん』になりきって、友人がLINEでメッセージを送ってくる」というツイートが話題になっています。


なぜかステラおばさんのふりを続けるLINEトーク画面

 投稿者は、「ステラおばさんの口調ってこれで正解なんですか?」と、ある友人とのトーク画面をTwitter上に投稿。友人は、「お前なんやねん」というツッコミを完全にスルーして、「あたしは今でも最高の焼き加減を探してるんだよ」などと、ステラおばさんのふりを続けています。

 中には「人生はね、焼き色と同じなんだよ。焼きすぎても焦げちまうし、その逆もはんぱもんになっちまう」というお菓子作りの話を人生論に発展させた書き込みも。どうやら「ステラおばさん=クッキーの探求者」という設定で、キャラクターを作り込んでいたようです。

 気になるのは、この友人のメッセージは本当に似ているのかという点。アントステラ社によると、ステラおばさんは米国に実在していた人物で、同社創業者はそのおいにあたるそうです(設立当時の社名はローリードール)。お菓子作りが上手な幼稚園の先生だった彼女に、おいが作り方を教えてもらおうと電話したとき、「いいかい。クッキーやケーキを作るとき一番大切なのは、オーブンの温度じゃないんだよ。それを誰かの為に作ろうっていう気持ちなんだよ」と話したとのこと。あ、友人の文章にちょっと似てるような……!

 「そもそも日本語は話さないのでは?」という疑問はさておいて、このような背景があることから、Twitter上では「友人の口調は、けっこう近いかも」との声も現れています。もしかして、ステラおばさんらしさを出すために研究を重ねていたのか……?


なぜかステラおばさんのふりを続けるLINEトーク画面 アントステラのWebサイトより

画像提供:みなとさん(@MntMinato

マッハ・キショ松

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう