ニュース
» 2018年04月16日 20時27分 公開

ほのぼの京王電鉄のツバメのフン受け板 なぜツバメは駅に巣を作るのか、「フン受け板」推進団体に聞く (2/2)

[高橋ホイコ,ねとらぼ]
前のページへ 1|2       

ダンボールで自作できる「フン受け型紙」も公開

 また、バードリサーチはダンボールで簡単に自作できる「フン受け板型紙」も配布しています。もし自宅の軒下にツバメが営巣したら、これでフン受けを自作して、守ってあげてくださいね。

photo フン受け型紙(2017年版)
photo 型紙データをA3サイズに印刷して、ダンボールに貼る
photo 切り取る
photo 組み立てる
photo ツバメが抱卵を始めてから、巣の30〜40センチ下に取り付ける

 「鉄道の駅やサービスエリアなどでツバメを大切にしている様子を見た人たちが、自宅でもツバメを受け入れてくれるようになることを願っています」(バードリサーチ担当者)

高橋ホイコ

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう