ニュース
» 2018年04月24日 20時37分 公開

「自分の写真を無断で使ったニセ広告が載っている」英金融専門家がFacebook訴える

ニセ広告を通報しても、数日または数週間放置されたとのこと。

[ねとらぼ]

 英国の金融専門家のマーティン・ルイスさんが、自分の写真や名前を無断で使用したニセ広告がFacebookに掲載されているとして、Facebookを訴えることを明らかにしました

 ルイスさんは高等法院でFacebookに対して名誉き損訴訟を起こし、懲罰的損害賠償金を求める意向。Facebookで過去1年の間に彼の写真を使ったニセの広告が50件以上出稿されており、その多くは一獲千金をうたうような詐欺の広告だったとしています。

ニセ広告の例

 ルイスさんはFacebookに対し、自分の写真を使ったニセ広告を掲載しないことや掲載前に確認するよう求めてきたものの、同社は広告を掲載し続けたとしています。さらにニセ広告を通報しても、数日または数週間放置されたと述べています。

ニセ広告の例

 このような問題が起きている有名人は自分だけではないとルイスさんは語り、訴訟がFacebookにシステムを変えさせることを期待しているとしています。訴訟で得られた賠償金は詐欺対策に寄付するとのことです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう