ニュース
» 2018年05月01日 13時05分 公開

高畑勲監督の遺作「かぐや姫の物語」 金曜ロードSHOW!でノーカット放送

約3年ぶりの放送。

[福田瑠千代,ねとらぼ]

 高畑勲監督の「かぐや姫の物語」が5月18日、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」で放送されます。放送時間は21時〜23時49分。地上波放送されるのは2015年3月以来約3年ぶり。


 「アルプスの少女ハイジ」「母をたずねて三千里」などで徹底したロケハンを行い、リアルな日常描写を描き続けてきた高畑監督。

 「かぐや姫の物語」でも、昔話の『竹取物語』が原作であるにもかかわらず、“原作の「もと光る竹なむ一筋ありける」という一節で、竹はなぜ光っているのか?”“光源はどこなのか?”といった、通常気にもとめない部分まで考え抜いて制作したという逸話は有名です。とことんこだわった作り方のおかげで、見た目の地味さとは対象的に、製作期間約8年、製作費はジブリ史上最高額の50億円以上という超大作に。

 高畑監督の前作「ホーホケキョ となりの山田くん」で実現した、鉛筆画風のキャラクターと水彩画風の背景を融合させた画作りもさらに進化。理論的な整合性を極限まで突き詰める一方で、絵柄が柔らかなタッチであるというギャップも大きな魅力になりました。


 高畑監督は4月5日に永眠。新作がもう見られなくなってしまったのは実に残念ですが、名作をまたテレビで楽しむことができるのは喜ばしい限りです。ちなみに、池袋・新文芸坐では「追悼 高畑勲」として「太陽の王子 ホルスの大冒険」「パンダコパンダ」「パンダコパンダ 雨ふりサーカス」が5月1日〜3日まで上映中です。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう