ニュース
» 2018年05月04日 17時43分 公開

「悶え苦しんで獣と化してた」 あびる優が明かした“リアルな出産体験談”に共感の声集まる

母は偉大だ。

[深戸進路,ねとらぼ]

 タレントのあびる優さんが5月4日にInstagramを更新。娘が3歳の誕生日を迎えるにあたって出産当時のことを思い返したそうで、「鳥肌が立つくらい覚えてます」と体験した“痛みと現実”をリアルな筆致でつづっています。

あびる優 出産 育児 子ども 娘 5月5日に3歳になる長女(画像はあびる優Instagramから)

 「よつ葉、2歳最後の日」とコメントを添えて、スヤスヤと眠る長女の手を握ったほっこりショットをアップしたあびるさん。「陣痛で悶え苦しんで獣と化してた私」と陣痛の痛みと戦っていた3年前の同日同時刻のことを振り返り、あまりの激痛で「赤ちゃんはもういらないので、痛みから解放して下さいー 何でもするので麻酔を下さい やっぱり出産するの辞めますー」と取り乱しながら泣き叫んでいたことなど、26時間19分にも及んだという過酷な出産状況を明かしました。

 出産前には、「女優さんやモデルさんが語っていた、まるで美しく神秘的な出産体験談を想像していた私」と幸せに満ちたイメージを膨らませていたというあびるさん。しかし実際に体験した激痛は、「出産美談なんて結局美談でしかないじゃん!!」と思わざるを得ないものだったそうで、出産直後に娘を抱きかかえたときでさえ、「痛みから解放された安堵と、その後の下半身の処置のまた違った種類の痛みがあったり」と神秘的なイメージとはほど遠い状況だったことを振り返っています。

あびる優 出産 育児 子ども 娘 才賀紀左衛門 出産直後のあびる一家(画像はあびる優公式ブログから)

 生後2、3日でようやく出産の実感とわが子への愛おしさが芽生えてきたというあびるさん。授乳やおむつ交換を繰り返すうちに愛情も確かなものになっていったようですが、それでも出産時の苦労を忘れるわけではなく、「『出産の痛みなんて我が子の可愛さで一瞬で忘れちゃうよー』なんて、言葉も私にはもはや通用しない訳で、今でも鮮明に思い出しますし、思い出すだけで鳥肌が立つくらい覚えてます」とあまり語られることのない赤裸々な体験談をつづりました。

 出産から3年が経過した現在では、「活発で自我も強めでワガママで陽気な娘ですが。産んで良かったなぁと思います」とわが子への愛情は増すばかりの様子。ファンからは、「とても共感しました!」「わかります! 出産の痛みと我が子の可愛さは別物!」「あれは経験しないとわからないですよね」「3日前に産んだんですけど全く同じ気持ちでびっくりしました」など共感したコメントが多数寄せられています。

あびる優 出産 育児 子ども 娘 仲良し親子(画像はあびる優Instagramから)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう