ニュース
» 2018年05月11日 20時30分 公開

「ヘリウム声なのに」 デッドプール、前作でディスったベッカムに直接謝罪 大物スターも次々ターゲットに

誠意が全く感じられない謝罪。

[のとほのか,ねとらぼ]

 マーベルコミック史上最も過激なヒーローとして人気を集める「デッドプール」シリーズの最新作「デッドプール2」(6月1日公開)。前作でぼろくそにこき下ろした元サッカー選手のデビッド・ベッカムの下にデットプールが謝罪に赴く姿を描いたプロモーション映像が5月10日に公開されました。全然反省していないナメプですわ!


デッドプール2 ライアン・レイノルズ デビッド・ベッカム 謝罪 動画 謝罪のはずがどんどんあおってくスタイルに(画像はYouTubeから)

 前作で「ベッカムはヘリウム声なのに顔でモテる」とヒーローとは程遠い毒舌っぷりで暴言を吐いたデッドプール。公開された映像では自宅でそのシーンを複雑な面持ちで繰り返し再生するベッカムの下にデッドプールが謝罪訪問。しかし、完全にヘリウムでラリった感じで謝罪したりと予想通りコテコテにあおっていくスタイル。ついにはベッカムも根負けして諦め気味にガッチリ抱擁しますが、ベッカムが本当に怒っていたことにデッドプールが顔を真っ赤にしながら反論するオモシロ映像となっています。

デッドプール2 デビッド・ベッカム 謝罪 動画 オフショット(画像はライアン・レイノルズ公式Instagramから)

 今作のプロモーションでは多くの著名人がターゲットとなっており、4月には「X-MEN」のウルヴァリン役で知られるヒュー・ジャックマンのSNSにも乱入。ジャックマンが動画を撮影している最中、ミュージカル「アニー」の主題歌を口ずさんで妨害し、「最もグレイテストではないショーマンに邪魔された」と言われてしまっていました。


 前作「デッドプール」を上回る興行収入50億円超を記録した映画「グレイテスト・ショーマン」の主演を務めるヒュー・ジャックマンへの嫉妬はすさまじく、日本限定で公開された特別映像では“激ツヨな爪野郎”とののしりながら、「新作映画を日本だけミュージカルに変更した」と人気に便乗するしたたかな一面も見せています。


デッドプール2 デビッド・ベッカム 謝罪 動画 徹底的にパロっていく

 さらに、「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」のネタバレ自粛パロディーをSNSに投稿したり、1年2カ月ぶりの新曲「アッシュズ」を映画のOPとしてささげたセリーヌ・ディオンとのコラボ動画で悪ノリ全開な踊りを披露したりと次々にビックスターを巻き込み映画公開前から話題を集めています。暴走が止まらない。


デッドプール2 セリーヌ・ディオン オープニング テーマ曲 コラボ セリーヌともコラボしてしまった俺ちゃん



(C)2018Twentieth Century Fox Film Corporation

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう