ニュース
» 2018年05月26日 10時00分 公開

懐かしい田舎の風景を巡り失われた記憶を探る――PCゲーム「NOSTALGIC TRAIN」が郷愁を誘う

列車の車窓風景や、簡単な運転も楽しめます。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 古びた駅舎や単線鉄道、水田のあぜ道――そんな日本の田舎をイメージした世界を、自由に歩き回れるWindows用ゲーム「NOSTALGIC TRAIN」が、Steamに登場します。6月13日から2000円で販売。


NOSTALGIC TRAIN いつかどこかで見た風景

 「夏霧」と呼ばれる田舎を舞台にした、一人称視点のアドベンチャーゲーム。規模は小さいながらも密度の濃いオープンワールドとして作り込まれており、田園風景やセミの声が響く山道など、どこか懐かしい世界を体験できます。


NOSTALGIC TRAIN

NOSTALGIC TRAIN

NOSTALGIC TRAIN

 ストーリーモード「旅の終わりに二つのゆらめき」では、見知らぬ夏霧で目を覚ました主人公が、失われた記憶を求める旅が描かれます。探索を続けるうちに、この土地に秘められた幻想的な物語が展開されるとのこと。


NOSTALGIC TRAIN 夏霧には神隠しの伝説があるという

NOSTALGIC TRAIN 人の姿はまるで見られない

 純粋に散策ができるフリーモードも用意。列車に乗って車窓をながめたり、簡単な列車の運転をしたりと楽しめます。各地には昭和の時代背景や夏霧の設定などを説明した「夏霧メモ」がちりばめられており、そこから世界観に迫っていくこともできます。


NOSTALGIC TRAIN のんびりできそう

 同作は「ナラティブ&環境アーティスト 畳部屋」名義で、個人が制作。クラウドファンディングで開発費を募り、リリースを実現しています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう