ニュース
» 2018年05月30日 17時10分 公開

レッドブル・エアレース千葉2018:エアレースの“頭脳”、レースコントロール内部に潜入! 航空管制とジャッジはいかにして行われているのか

すごい機材と緻密なバックアップ。レッドブル・エアレースが面白い理由の1つがここに。

[Kikka, Ryo Tajima,ねとらぼ]

 世界最速のモータースポーツ・シリーズ「レッドブル・エアレース」が2018年も千葉県・幕張海浜公園で開催されました(関連記事)。ねとらぼ編集部では、その頭脳ともいえるレースコントロール内部を取材。レースの航空管制と試合のジャッジがどのように行われているのかを聞きました。


Redbull レースコントロール レースコントロール内部

 例年プレス向けに開催されている「レースコントロールツアー」では、レッドブル・エアレースで重要な役割を担う、「レースコントロール」内部への取材が許されます。しかし世界中の報道陣が集う同大会では申し込みが殺到するため、2016年、2017年は参加がかないませんでした。


Redbull レースコントロール レースコントロールの外観。各会場で仮設される

 「レースコントロール」は、試合が行われる会場のレーストラックが見渡せる場所に仮設されている建物の中にあります。エリアに入るためには専用のパスが必要になるなどセキュリティはかなり厳しい印象です。


Redbull レースコントロール 外から見たレースコントロールの様子

 内部の階段を上ると、小部屋のようなブースがあります。ヘッドジャッジのセルジオさんによると、奥側がジャッジ席(審判席)で、手前が航空管制席。飛行に関係することはもちろん、イベント全体の管理も行っているのだそうです。


Redbull レースコントロール ヘッドジャッジのセルジオさん。丁寧に解説してくれた

 セルジオさんらが座るジャッジ席には複数のモニターが設置されており、レース機に設置されている2つのカメラ(テール部分/飛行機内部のパイロットの顔が見える部分)の映像やセンサーのデータなどが送られてきます。


Redbull レースコントロール たくさんのモニターが並ぶレースコントロール内部

 例えば普段「レースコントロール」は、各選手専用のラジオチャンネルを使って選手とのコミュニケーションを取りますが、もしラジオ回線の調子が悪くなった場合には、「カメラに向かってサムズアップして!」などと要望することもあるのだそうです。


Redbull レースコントロール 多くのカメラがレースを支えている

Redbull レースコントロール 飛行経路などもモニターで確認

 このほかにもインコレクト・レベル・フライング(ゲート通過時の水平姿勢が崩れた場合のペナルティー)などを確認をする際には、レース機のカメラ映像をコマ送りする場合も。ジャッジについては、セルジオさんを含むレースコントロールの3人と外にいる審判2人で判断するとのことでした。


Redbull レースコントロール インコレクト・レベル・フライングなどを確認する際にはこのようなカメラチェックをするという

Redbull レースコントロール スタッフも常に関係者とコンタクトを取り、安全に努める

Redbull レースコントロール 目視で状況を確認する場合も

Redbull レースコントロール

 高度な技術を持ったパイロットがより安全に飛行するために、さまざまなスタッフがいろいろな角度から試合をバックアップ様子がよく伝わる貴重なツアー体験でした。


Redbull レースコントロール レース前、ハンガーで撮影に応じてくれた室屋義秀選手

(撮影:Ryo Tajima/撮影・文:Kikka/撮影:ゴトウ)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう