ニュース
» 2018年06月13日 08時00分 公開

壁に絵を描くロボ「Scribit」がクラウドファンディングで人気 熱で消える特殊なペンを使用、書き替え自在

専用アプリとの連携で、ニュースや買い物リストなども書けます。壁が擬似的なディスプレイに。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 垂直の壁をはい回って絵や文字を書いてくれるロボット「Scribit」が、クラウドファンディングサイトのKickstarterに登場しました。入手に必要な支援額は349ドル(約3万8500円)から。執筆時点で40万ドル(約4400万円)近くの出資を集め、既に目標額の5万ドル(約551万円)を達成しています。


本体 壁の上を動き回り、4本のペンを使い分けて描画する

アート 壁面にイラストを描画。消して書き替えることもできます

 2本のワイヤーでつるして使う円形のロボット。セットされた4種のペンを使い、専用アプリで指定した画像を線画として壁に写してくれます。壁の素材は特に指定されていませんが、石こうやホワイトボード、ガラスが最適とされています。

 専用のペンは65度以上の熱で消える特殊なインクを採用。内蔵のウォーマーで線を消して書き替えることもできます。


セッティング 壁の2カ所にクギを打ち、そこからワイヤーでつるす

アプリ アプリで図案を選んで転送

描画 指定した通りに描いてくれる。かかる時間は最長で30分程度と、内容によって異なります

 アプリとの連携で、ニュースや天気予報などをリアルタイムに書くことも可能。壁面を擬似的なディスプレイとして使えるわけです。ほかにも、伝言板代わりにしたり、飲食店でメニュー表示に使ったりと、さまざまな用途が提示されています。


ニュース 壁でニュースをチェック

天気予報 天気予報も

会議 会議の資料にも

アパレル お店の看板に

伝言 家族への伝言も

 壁紙のデザインをネットで共有できるコミュニティもオープンする予定。出資者への発送は12月ごろとなっています。


(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう