ニュース
» 2018年06月29日 19時30分 公開

「なにこの試合」「これが勝負の世界」 野村周平、竹内涼真ら賛否分かれるW杯日本代表の試合にそれぞれの意見

試合後半の時間稼ぎに賛否。

[のとほのか,ねとらぼ]

 6月29日に行われたロシアW杯の対ポーランド戦で、グループ2位で決勝トーナメント進出を果たした日本。2大会ぶりのベスト16進出に日本国内は喜びの声であふれましたが、0-1で得点をリードされながらも迎えた試合後半での“時間稼ぎ”ともとれる姿勢に評判は二分。芸能界でも俳優の野村周平さんや足立梨花さんから嘆きの声があがる一方で、竹内涼真さんや武井壮さんからは擁護の声があがるなど意見が分かれています。


 引き分け以上で決勝トーナメント進出決定がかかっていたポーランド戦。得点が並んでいたセネガルとのフェアプレーポイント差で決勝進出がほぼ確実となった試合の終盤では、ボール回しに終始し試合終了。攻めの姿勢が見られなかった試合運びにネット上では、「ひどい試合だった」「なにがどうあれ結果」など賛否が分かれました。

 芸能界でも、野村さんは「えー。なにこの試合」、足立さんは「いやいや、そんな試合は見たいくない」など心境をツイートするとサポーターたちから、「あんなに必死に試合してる人らの気持ち考えてから言ったら?」「これも立派な戦術です」など批判の声が殺到することに。その後、野村さんはサッカーが大好きであることを前提に「確かに決勝に行くのは大事な事。でも最後のプレーに俺がかっこいいと思ったサッカーが無くて悔しかった」などとツイートを重ね、選手へ向け謝罪。足立さんは、「嫌なら私のツイート見るなよ」「いろんな人のいろんな見方があっていいじゃんか。めんどくさいな」と憤りをあらわにしていました。


 一方で、高校時代は「東京ヴェルディユース」に所属し、ロシアW杯ではTBSのスペシャルサポーターとして現地へ足を運んでいる竹内さんは、「これが勝負の世界。決勝トーナメントに絶対に上がるためには、あの選択が正しかった」と擁護。武井さんも「リーグ戦で1勝して1分して負けても通過できる可能性あるならそこに向かうのは卑怯でもなんでもないやろ」と理想的な試合ではなかったとしつつも、全力で戦った選手を称賛しました。

サッカー ワールドカップ W杯 現地のロシアから応援していた竹内さん(画像は竹内涼真公式Instagramから)


 こうした賛否が飛び交う中、フル出場した長友佑都選手は試合終了後のSNSで、「這いつくばってでも上に行きたかった。惨敗したブラジルW杯から4年間、ロシアW杯で借りを返すためにやってきたプロセスに後悔はない」とツイート。また、24日の対セネガル戦でゴールを決めた乾貴士選手はInstagramで、「他力本願のサッカーになりましたが、それでは皆んなが悔しさもあった中での決断でした」(原文ママ)と心中を明かしつつ、「次の相手のベルギーに勝って、また皆んなで喜びたいです!」と前向きなコメントを残しています。

サッカー ワールドカップ W杯 次のベルギー戦に期待(画像は長友佑都公式Instagramから)

サッカー ワールドカップ W杯 妻の平愛梨さんも「Y10さんの夢が私の夢」と応援(画像は平愛梨公式Instagramから)

サッカー ワールドカップ W杯 「色々言われてますが」と乾さん(画像は乾貴士公式Instagramから)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう