ニュース
» 2018年06月30日 23時00分 公開

魅力的な悪夢に引き込まれる 卒業制作で作られたアニメーション作品「午前3時の仮面舞踏会」に反響

夜にループで観たいステキなアニメです。

[宮原れい,ねとらぼ]

 小林香鈴(こばやす山/@rsn_0712)さんが多摩美術大学の卒業制作で作ったアニメーション作品「午前3時の仮面舞踏会」が、Twitterで「めっちゃ好き」「引き込まれる」と人気を集めています。子どものころに夢で招待された不可思議な世界を見ているかのよう……!



 時計の針が午前3時を指すと、怪しげな生物たちが登場して自由に踊ったり、飲み食いしたりする展開が描かれ、なんだかドキドキする雰囲気の世界観がどんどんと広がっていきます。小林さんの「怖くない悪夢を見たい人向け」という言葉がまさにピッタリ。


午前3時の仮面舞踏会 卒業制作 アニメーション 怖くない悪夢 背景や絵のタッチも独特で魅了されます

午前3時の仮面舞踏会 卒業制作 アニメーション 怖くない悪夢 かわいいけどちょっぴり不気味でもある。そんな世界観が心地よい……

 流れる音楽にあわせた彼らのダンスや動きはかわいらしくもあり魅力的で、アニメーションならではの予想のつかない展開も相まり、最後まであっという間といった感じで夢中になって見てしまいます。気づいたら針が午前4時を指してた……。


午前3時の仮面舞踏会 卒業制作 アニメーション 怖くない悪夢 ダンスシーン以外もいろいろ

午前3時の仮面舞踏会 卒業制作 アニメーション 怖くない悪夢 悪夢の中に吸い込まれたような感覚になります

 同作品は多摩美術大学の「卒業制作優秀作品集2018」として公式サイトでも公開されていて、担当教員によるコメントでは「作者はコンテを描かずに頭から順番に描き進めて行く」といった小林さんの制作背景も語られています。



 コメントでは「ずっと見てたい…」「世界観が素晴らしすぎて言葉にできない」とツボにハマった人の声が多く寄せられていて、中にはこういった作品をもっと見たいといった声もみられます。

 小林さんはこの他にも自主制作アニメーションをTwitter上で公開していて、レトロな音楽に合わせて踊る儚げな世界観がステキな1分アニメ「幸運なクマと不運なクマ」や、今回の作品にも似た世界観と主人公の妖艶さが魅力の「化け猫ダンス」も視聴可能です。




画像提供:小林香鈴(こばやす山/@rsn_0712)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう