ニュース
» 2018年07月04日 14時30分 公開

拡大鏡に日差しが反射して布団が燃えた!? 「置き場所に注意」「普段はカバーを」

金魚鉢やペットボトルも光を集め、火事の原因になりうるのでご注意を。

[沓澤真二,ねとらぼ]

 寝ていたら鏡が原因で布団が燃えていた――怖い体験談がTwitterで広まっています。いったいどうして?


図解 当日の状況の図解。窓と拡大鏡が対面になっていて、射し込んだ太陽光が反射して布団を焼いたもよう

火事跡 消し止められたあとの状況。投稿主は足首に軽いやけどを負ったそうです

 投稿主の巣鴨ゆう子(@TarakoButters)さんは、窓際のベッドで寝ていました。するとなにやら焦げくさいにおいが。ご近所で火でも炊いているのかと思ったら、自分の布団が燃えていたのだそうです。

 当日はたまたま、拡大鏡(凹面鏡)がテーブルの上で、窓と向かい合わせになっていました。凹面鏡には光を集束する性質があり、窓から射し込んだ太陽光を反射して、布団に集めて焼いていたわけです。



 巣鴨さんは足首に軽いやけどを負い、使い慣れた布団とマットレスを廃棄することになりました。そして「みなさんも鏡の向きには注意を」と呼びかけています。

 ツイートには見舞いの言葉のほか、「使わないときは鏡にカバーを」「金魚鉢やペットボトルなどもレンズのように光を集めるので、火事の原因になりうる」「布団が燃えた場合は火を消しても内部でくすぶっている可能性があるので、しっかり水に漬ける」といった知識が集まっています。

画像提供:巣鴨ゆう子(@TarakoButters)さん

(沓澤真二)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう