ニュース
» 2018年07月24日 16時00分 公開

「au Wi-Fi SPOT」も東海道・山陽・九州新幹線で利用可能に どちらを使ってもサービスレベルは同等

どちらを使ってもいいけれど、auユーザーならば「登録や認証作業なし」に利用可能。

[ねとらぼ]

 KDDIは7月24日、auスマートフォン、携帯電話契約者向けの無料無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」の利用可能エリアを東京駅〜鹿児島中央駅間の「東海道新幹線」「山陽新幹線」「九州新幹線」車両に順次拡大すると発表。2018年7月25日に開始し、2020年3月までに全列車で利用できるようにします。

photo 順次無料Wi-Fiサービス対応となる東海道・山陽・九州新幹線新幹線(写真は山陽新幹線 画像:JR西日本)

 SSID(Wi-Fi接続名)は「0000Wi2」。au Wi-Fi SPOTはKDDIのグループ会社・ワイヤ・アンド・ワイヤレスが展開し、一部データ通信プラン(TEダブル定額 for Tab/Tab(i)などの)契約者を除くほぼ全てのauスマートフォン、タブレット、携帯電話の回線契約者が無料で利用できるサービスです。フリーWi-Fi「Shinkansen Free Wi-Fi」のエリアサインステッカーが車内に掲出されている車両で、アプリ「au Wi-Fi接続ツール」経由で利用できます。

photo 「Shinkansen Free Wi-Fi」のエリアサインステッカー

 なお、東海旅客鉄道(JR東海)、西日本旅客鉄道(JR西日本)、九州旅客鉄道(JR九州)の3社も7月25日から、東海道新幹線、山陽新幹線、九州新幹線車内で展開する無料Wi-Fi「Shinkansen Free Wi-Fi」をJR3社共通サービスとして開始します。こちらはSSIDを「Shinkansen_Free_Wi-Fi」とし、通常時はメールアドレスの登録かSNSを使った認証を行うことで利用できます。

 KDDIによると、どちらも料金は無料で、通信のサービスレベルも同等。auユーザー向けメリットとして「登録や認証の作業が必要なく、いつものツールで使えること」としています。新幹線での利用は、開始日以降に公開するau Wi-Fi接続ツールのアップデートが必要です。

photo 「Shinkansen Free Wi-Fi」のエリアサインステッカーの掲示場所

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう