ニュース
» 2018年07月24日 18時58分 公開

北急南北線延伸線の新駅名「箕面萱野」「箕面船場阪大前」に決定 2020年開業予定 (1/2)

「大阪市内や府南部など遠方の方でも分かるように」この名称に。

[ねとらぼ]

 北大阪急行電鉄(北急)は7月24日、北急南北線延伸線の新駅を「箕面萱野(みのおかやの)」「箕面船場阪大前(みのおせんばはんだいまえ)」に決定したと告知しました。

 北急は1970年に大阪市営地下鉄(現Osaka Metro)御堂筋線の延伸線および日本万国博覧会(大阪万博)会場へのアクセス路線として開業した鉄道会社。現南北線は吹田市の江坂駅から豊中市の千里中央駅を結ぶ全営業区間5.9キロの路線で、さらに千里中央駅から箕面萱野駅までの約2.5キロを延伸し、新たに2駅を設ける事業が進められています。

photo 北大阪急行線延伸事業概要

 延伸線は千里中央駅から国道423号に沿って通す計画。千里中央駅から箕面船場阪大前駅までは地下トンネルで、箕面船場阪大前駅の先から高架に変わって箕面萱野駅へ至ります。

photo 北大阪急行線延伸事業の縦断面図

 今回の2駅は、大阪府箕面市による新駅名候補案の公募結果を踏まえ、2018年6月に行われた市の北大阪急行線延伸線駅名検討会議を経て箕面市から北急に提案。北急も市民や地元団体の意見や要望が反映されていることからそのまま国、大阪府へ手続きを行い、正式決定に至りました。開業は2020年度の予定です。

photo 新駅名の由来と設置予定地
photo 北大阪急行線延伸事業の縦断面図
photo 北大阪急行線延伸事業の工事スケジュール
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.