ニュース
» 2018年08月08日 11時00分 公開

ディーラ(勇者)を称えよ! 「バーフバリ」監督の「マガディーラ 勇者転生」国内版予告解禁

原案、監督、脚本、撮影、音楽、編集などスタッフはほぼ「バーフバリ」2部作と同じ。

[ねとらぼ]

 「バーフバリ」のS.S.ラージャマウリ監督の代表作「マガディーラ 勇者転生」が8月31日からついに日本で上映開始。その国内版予告編が解禁されました。ディーラを称えよ!

ディーラ(勇者)を称えよ! 「バーフバリ」監督の「マガディーラ 勇者転生」国内版予告編解禁

 同作は「バーフバリ」級の史劇スペクタクルと、歌と踊りを満載した「マサラ・ムービー」としての楽しさを合わせ持った一作。2009年に4億ルピー(約6億4000万円)という当時のテルグ語映画史上最高額を投じて製作された一大巨編です。ラージャマウリ監督が4月の来日時、「バーフバリ」のイベントで日本ファンの熱気に感動し、帰国後自ら再編集したという「ディレクターズ・カット国際版」での上映になります。

ディーラ(勇者)を称えよ! 「バーフバリ」監督の「マガディーラ 勇者転生」国内版予告編解禁 主人公(転生前)

 主人公は伝説の戦士・バイラヴァの生まれ変わりであるハルシャ。400年前に非業の死を遂げた愛するミトラ姫と現代で運命の再開を果たすも、かつて2人の仲を引き裂いたラナデーヴも転生しており、時空を超えた戦いの幕が再び切って落とされます。

 新たに解禁された予告編では、疾走感あるテーマ曲と共に迫力満点の古代神殿や、過去と現在のダンスシーン、馬やヘリコプターといった乗り物アクションなどなど、見どころが盛りだくさん。「バーフバリ」を彷彿(ほうふつ)とさせる、主人公とヒロインが2人で矢を射るスタイリッシュな見せ場もあり、否応なく期待が高まります。

ディーラ(勇者)を称えよ! 「バーフバリ」監督の「マガディーラ 勇者転生」国内版予告編解禁 迫力のダンス
ディーラ(勇者)を称えよ! 「バーフバリ」監督の「マガディーラ 勇者転生」国内版予告編解禁 「バーフバリ」でもこんなシーンがあった気がする
ディーラ(勇者)を称えよ! 「バーフバリ」監督の「マガディーラ 勇者転生」国内版予告編解禁 トラ!
ディーラ(勇者)を称えよ! 「バーフバリ」監督の「マガディーラ 勇者転生」国内版予告編解禁 象!
ディーラ(勇者)を称えよ! 「バーフバリ」監督の「マガディーラ 勇者転生」国内版予告編解禁 馬!
ディーラ(勇者)を称えよ! 「バーフバリ」監督の「マガディーラ 勇者転生」国内版予告編解禁 「バーフバリ」の原点といえる1作
ディーラ(勇者)を称えよ! 「バーフバリ」監督の「マガディーラ 勇者転生」国内版予告編解禁 8月31日より新宿ピカデリー、なんばパークスシネマほかにて全国順次ロードショー。

【物語】1609年、ウダイガル王国。近衛軍の伝説的戦士バイラヴァは、国王の娘ミトラ姫と愛し合っていたが、王国とミトラ姫を我が物にしようと企む軍司令官ラナデーヴの邪悪な陰謀により、非業の死を遂げる。400年後のハイデラバード、バイラヴァはバイクレーサーのハルシャという若者に生まれ変わっていた。ハルシャはある日、町で偶然にある女性の手に触れた途端、脳裏に前世の記憶が甦るが、その女性を見失ってしまう。やがてハルシャはミトラ姫の生まれ変わりインドゥと運命の再会を遂げるが、かつて二人の仲を裂いたラナデーヴも、インドゥの従兄弟ラグヴィールとして生まれ変わっており、再び悪逆非道な罠を仕掛けてくる…。

監督・脚本:S.S.ラージャマウリ 製作:アッル・アラヴィンド、B.V.S.N.プラサド 

撮影:K.K.センティル・クマール 音楽:M.M.キーラヴァーニ

出演:ラーム・チャラン/カージャル・アグルワール/スリハリ/デヴ・ギル/スニール/サラット・バーブ

原題:MAGADHEERA/2009年/インド/テルグ語/シネスコ/139分

字幕翻訳:藤井美佳/日本語字幕監修:山田桂子 配給:ツイン

(C) GEETHA ARTS, ALL RIGHTS RESERVED. 

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう