ニュース
» 2018年08月10日 20時30分 公開

「クジャクのヒナって茶色いんだ」「初めて見た」 京大クジャク同好会で誕生したヒナが好奇心旺盛でかわいい

目指せ大学の人気者。

[神奈川はな,ねとらぼ]

 誕生して間もないクジャクのヒナの様子がTwitterに投稿され「クジャクのヒナって茶色いんだ」「初めて見た」と話題になっています

京大クジャクのヒナ 「はじめましてー」

 ポヤポヤの羽に覆われた3羽のヒナ。か細いながらもしっかりとした足で、飼い主さんの手の上に乗っています。

 ヒナたちは好奇心旺盛。かわいい声で「ピュルピュル」と鳴きながら、首を長く伸ばしたり下をのぞき込んだりしています。

京大クジャクのヒナ 「何があるのー」
京大クジャクのヒナ 「あっちも気になるー」

 中には羽を広げる子や羽づくろいのしぐさを見せる子も。小さいながらも風格を感じます。

京大クジャクのヒナ 「羽広げてみたー」
京大クジャクのヒナ 「身だしなみ大事―」

 この様子を投稿したのは京都大学クジャク同好会(@KU_peacock)の皆さん(関連記事)。

 リプライ欄には「かわいい」「元気に育って欲しい」といった声の他、同好会の活動内容や、エサは何を食べるのか? などの質問が寄せられています(活動内容はクジャクのお世話とお世話をしてくれる人の募集。エサはひよこフードにボレー粉を混ぜたものとのこと)。

 3羽のヒナは人工ふ化で誕生した子たち。まだ性別は分からず(生後数カ月で首の後ろに青い毛が出てきたらオス、緑ならメス)、名前も未定だそうですが、元気に育って欲しいです。

画像提供:京都大学クジャク同好会(@KU_peacock)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう