ニュース
» 2018年08月11日 09時00分 公開

家族のいない人がアンドロイドと暮らしたら…… 胸に来る漫画の結末に涙

強い思い入れがあればアンドロイドも家族になり得るかもしれない。

[きんじょうめぐ,ねとらぼ]

 家族の代わりにアンドロイドと一緒に暮らす人を描いた漫画「家族のいない人がアンドロイドとすごす話」の結末に、家族の形を考えさせられます。

 マイラと呼ばれた年老いた女性と青年は、森の中で親子のように暮らしていました。最近具合が良くないというのに勝手に外に出てしまったマイラを、青年が心配して迎えに来ます。

leo アンドロイド 母親 二人は仲の良い家族のように見えます

 キッチンで料理をしていたマイラは、胸を押さえながら倒れてしまいます。ベッドに寝かされて「いやね……。自分の終わりを感じるのは」とつぶやくマイラ。

leo アンドロイド 母親 もう間もなく終わりがくることを悟っているようです

 青年は「終わりだなんて言うなよ」とマイラを元気づけようとしますが、マイラは「モノはいつか壊れてしまうのよ」と言って青年を悲しませないように慰めます。マイラはだんだん言葉をちゃんと発することができなくなり、「ワたし あなタァノ 母親ミタイに でデッェ……ギッ キ……ギ……ギッ」――ついに機能停止してしまいました。

 「ああ。まるで本物の『母親』みたいだったよ」と最期の言葉に答える青年。そして、今まで口にしたことのなかった「母さん」と、マイラを呼んだのでした。

leo アンドロイド 母親 最後まで母親みたいに役に立てたか気にしていました

 家族というものを知らない青年が、家族がどういうものか知りたくて作ったアンドロイド――それがマイラでした。マイラを失ったことで青年は「やっぱり母なんていない方がいい」という結論に至ります。「だってもし本物の母親がいたならば、僕はきっとこの悲しみに耐えられないだろうから」

 青年は動かなくなったマイラが横たわるベッドに顔を埋めて、自分が思っていた以上に大きな悲しみに耐えていたのでした。

leo アンドロイド 母親 マイラは彼にとっての完璧な母親だったのかもしれませんね

 彼にとってマイラは“母親型アンドロイド”ではなく、母親そのものだったのではないでしょうか。自分で作ったアンドロイドなので、気に入らなければ彼自身で強制終了することはできたのに、そうしないで、まるで人間であるかのように最期を看取ったのですから。

 漫画の作者はTwitterユーザーのleo/レオ(@Leosako)さん。TwitterではオリジナルやSound Horizonなどの二次創作イラストと漫画を投稿しています。

画像提供:leo/レオ(@Leosako)さん



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう