ニュース
» 2018年09月13日 12時00分 公開

童心を犠牲にして生きている大人へ――初来日のユアン・マクレガー、“大切なモノ”を見つけたクリストファー・ロビンの心の変化を明かす

大人になったクリストファー・ロビンを演じた上での思いも明かしてくれました。

[のとほのか,ねとらぼ]

 ディズニーの人気キャラクター「くまのプーさん」を初めて実写化した映画「プーと大人になった僕」が9月14日から公開されます。

 それに先駆け、4日に来日したクリストファー・ロビン役のユアン・マクレガーは、これまで映画「トレインスポッティング」の主演や「スター・ウォーズ」新三部作のオビ=ワン・ケノービを演じるなど多数の作品に出演していましたが、意外にも日本を訪れるのは今回が初。5日にはプーとともにジャパンプレミアに登場し、6日には取材陣の前で同作への思いを明かしました。

プーと大人になった僕 ディズニー 実写化 クリストファー・ロビン プー ユアン・マクレガー 9月14日(金)全国ロードショー (C)2018 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

プーと大人になった僕 ディズニー 実写化 クリストファー・ロビン プー ユアン・マクレガープーと大人になった僕 ディズニー 実写化 クリストファー・ロビン プー ユアン・マクレガー 5日のジャパンプレミアではプーとじゃれ合うユアンがたくさん見られました


 同作は、クリストファー少年が100エーカーの森に住むプーたちと別れを告げてから、数十年後を描いた作品。ロンドンを舞台に、大人になったクリストファーが、かつての親友プーと再会し、忘れかけていた“大切なモノ”を思い出す内容となっています。

 長く愛され続けるプーさん初の実写化ということで、ビジュアルに注目が集まっていた同作。大人となり、さまざまな責任を感じながら日々を送るクリストファーをどう描くのかも期待が高まる中、ジャパンプレミアでは「本作への出演はとても美しい経験だった」と明かしたユアン。同役を演じた上で感じたクリストファーの心の変化について、自身の考えを明かしてくれました。

プーと大人になった僕 ディズニー 実写化 クリストファー・ロビン プー ユアン・マクレガー 大人になったクリストファー・ロビンを演じたユアン・マクレガー (C)2018 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

―― 映画を見ました。プーとの再会で大切なものに気付いていくクリストファーの姿が印象的でしたが、ユアンさんが思う、彼が“かつての心を取り戻した”瞬間は劇中どのシーンですか?

ユアン・マクレガー(以下、ユアン) いなくなった仲間をクリストファーに探してもらおうとロンドンにやってきたプーを、100エーカーの森に連れ帰るシーンがあるよね。あそこでクリストファーがプーに背を向けて去ろうとするけど、プーのところに戻ろうと振り返った瞬間だと思う。

 プーが現れる前、クリストファーは仕事のことしか頭になかったけど、かつての友達が自分を必要としていると実感してあの選択をしたときが、脳裏のどこかで感じていた“物事を変えなければ”という思いを行動に移した最初の一歩だと思うんだ。

プーと大人になった僕 ディズニー 実写化 クリストファー・ロビン プー ユアン・マクレガー ユアンはプーとともに少年時代過ごした100エーカーの森へ訪れる (C)2018 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

―― クリストファー・ロビンは誰もが知っている有名なキャラクターです。そのキャラクターが成長した姿を演じるにあたって、どんな心構えで演じられたのですか?

ユアン 誰もが知っているのは少年のころのクリストファーで、僕が演じた年齢の彼のことは誰も知らないから、そういった意味では自由に演じさせてもらった。「クリストファーってこうじゃない?」と言われることもないし、プレッシャーも特に感じなかった。脚本にも彼がどんな人物でどんな人生を送っているのか、すごくクリアに書かれていたしね。

 ファンのみなさんもそうだと思うけど、僕も小さいころに原作を読んで慣れ親しんでいた作品だったから、森の仲間たちとクリストファーの関係性をしっかり抑えて演じれば大丈夫だろうと思っていた。あとは、少し歳を重ねて人生に迷い、家族と距離を感じて葛藤している姿をいかに演じるかというところだったね。

プーと大人になった僕 ディズニー 実写化 クリストファー・ロビン プー ユアン・マクレガー (C)2018 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

プーと大人になった僕 ディズニー 実写化 クリストファー・ロビン プー ユアン・マクレガー 森の仲間たちは実物のぬいぐるみを使用して撮影された (C)2018 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

―― この作品を日本の女性に勧めるとしたらどんなメッセージを贈りますか?

ユアン 女性に……どう答えればいいかな。みなさんが見たときにどう思うかはそれぞれだから分からないけど、まずは気に入って、好きになってほしい。僕はいろんな状況でこの作品を見てるけど、大人も子どもも幅広い世代の人が見に来ていて、みんなの心に何か響くものがあった印象を受けた。それはきっと性別も関係ないだろうしね。

 多分、特に大人であれば、童心を犠牲にしてまで大人としての責務を果たして生きていると思うから、クリストファーに共感できると思うんだ。クリストファーは自分自身、そして家族と距離を感じて葛藤している大人だから、自分の世界での立ち位置を再び獲得する道のりみたいなものには、大人であれば性別にかかわらず響くんじゃないかなと思う

プーと大人になった僕 ディズニー 実写化 クリストファー・ロビン プー ユアン・マクレガー (C)2018 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

 あと、女性はヘイリー・アトウェルが演じたクリストファーの妻であるイヴリンに感情移入してくれるんじゃないかな。イヴリンと娘のマデリン(ブロント・カーマイケル)とのやりとりで、僕が感動した美しいシーンがあるんだけど、マデリンが父(クリストファー)と距離を感じているときに「パパは今ちょっと迷子になっているけど、きっとまた私たちを見つけてくれるわ」と話すところは、映像や演技含め大好きなんだ。ちなみにこのシーンはもともとあったものではなくて、後で追加されたシーンなんだよ。

プーと大人になった僕 ディズニー 実写化 クリストファー・ロビン プー ユアン・マクレガー 娘のマデリンもプーたちと大冒険をする (C)2018 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

―― ユアンさんにとってプーさんのような存在は誰ですか?

ユアン シドっていう愛犬がいるんだけど、いつもどこに行くにも付いてきてくれるんだ。プーみたいだよ。

プーと大人になった僕 ディズニー 実写化 クリストファー・ロビン プー ユアン・マクレガー (C)2018 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

 監督は映画「ネバーランド」など感動ドラマに定評のあるマーク・フォスター。1966年に映像化された短編「プーさんとはちみつ」以降、多くのアニメーション作品が作られてきた「くまのプーさん」がどのように描かれるのか期待が高まります。


プーと大人になった僕 ディズニー 実写化 クリストファー・ロビン プー ユアン・マクレガー (C)2018 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.

プーと大人になった僕 ディズニー 実写化 クリストファー・ロビン プー ユアン・マクレガー (C)2018 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.
プーと大人になった僕 ディズニー 実写化 クリストファー・ロビン プー ユアン・マクレガー (C)2018 Disney Enterprises, Inc. All rights reserved.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼエンタに「いいね!」しよう