コラム
» 2018年09月25日 11時00分 公開

【マンガ】知らないとは言わせない 日本の国民的スポーツ「打球鬼ごっこ」とは

地上波で試合が見られた時代もあったんですよねえ……(遠い目)。

[ねとらぼ]

 日本の国民的スポーツ「打球鬼ごっこ」をご存じですか? 近年まで、シーズン中は地上波でレギュラー放送されていましたし、「将来の夢はこのプロ選手になること」という子どもも多いそうなので、きっとあなたも知っているはず。

 ……ただ、打球鬼ごっこは“消えてしまった呼び方”なので、全くピンと来ないかもしれません。

解説

 日本にベースボールが伝わったとされるのは、明治5(1872)年。その際に「打球鬼ごっこ」と訳されて全国に広まり、大衆の遊びとして親しまれていたといいます。確かに、守備陣に挟まれたランナーが塁間で逃げ回る様子などは、鬼ごっこのように見えなくもありませんが……現代人はこの名称に違和感を覚えてしまうのでは?

 現在でもおなじみの「野球」という訳語が登場したのは約20年後の明治27(1894)年で、中馬庚(ちゅうまかのえ/ちゅうまんかなえ)という人物が初めて使ったとか。ちなみに、同氏はその由来について「“野外”の遊戯だから、庭球(テニス)に対して“野”球と命名する」と説明しています。

おまけマンガ



主要参考文献


他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう