ニュース
» 2018年09月26日 15時31分 公開

喫緊課題「バイク駐輪場不足」 トランクルーム「ハローストレージ」がバイク駐輪場サービス拡充へ

トランクルームの設備やスペースを活用してバイク駐輪場を拡充。

[カナブンさん,ねとらぼ]

 トランクルーム「ハローストレージ」を展開するエリアリンクは9月25日、オートバイ駐輪場「ハローバイク」のサービス拡充を発表しました。

ハローバイク ハローバイクのロゴ

 ハローバイクは、トランクルームの設備や敷地を活用したオートバイ駐輪スペース提供サービス。バイクの駐輪スペースは自転車やクルマのそれに対して少なく、ライダーは、厳しくなった違法駐車の取り締まりに対して、外出時の駐車スペースの確保に苦労しています。都市部のバイク駐輪場は絶対数がそもそも少なく、日本自動車工業会によると車両台数に対する駐車スペース整備数はクルマの6分の1ほどしかないのが現状です。

 ハローバイクはこういったライダーのニーズに対し、2018年9月時点の約400台から、2019年夏までに1000台、2024年までに1万台規模にまで拡充する計画です。

ハローバイク バイクの駐輪が可能なトランクルーム(ハローストレージ公式サイトより

ハローバイク 車両台数に対する駐車スペース整備数

 サービス提供仕様は以下の4種類です。

  • バイク専用コンテナタイプ:二重ロック、スロープ、収納棚などを完備したコンテナ収納型
  • トランクルーム内バイク駐車場:トランクルーム敷地のデッドスペースを活用した駐輪スペース
  • コインパーキング内バイク駐車場:既存コインパーキングの空きスペースを活用した駐輪スペース
  • 賃貸マンションとのコラボ型:集合住宅の空き駐車場、駐輪場を活用した駐輪スペース
ハローバイク 左から、バイク専用コンテナタイプ 1/2、トランクルーム内バイク駐車場、 コインパーキング内バイク駐車場

 月極駐輪場としての活用が想定されるコンテナタイプに対し、トランクルーム内バイク駐車場タイプやコインパーキング内バイク駐車場タイプは外出時の一時利用シーンに向くといえます。都市部のバイク駐輪場不足はどこまで解消されるか、今後の展開に期待です。

(カナブンさん)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう