コラム
» 2018年10月25日 11時00分 公開

【マンガ】「激辛メニュー」の元祖はラーメンでもカレーでもない、って知ってた?

「激辛」はもともと商品名だったとか。

[ねとらぼ]

 からいもの好きにはたまらない、いわゆる「激辛メニュー」。ラーメン、カレーなどが定番ですが、この「激辛」という言葉の元祖となったのは、実は全く別の食べ物だったということをご存じですか?

解説

 「激辛」という言葉は「ユーキャン新語・流行語大賞」に登場したことがあり、1986年に「新語部門」で銀賞に選ばれています。今では当たり前のように使われていますが、比較的近年に誕生した言葉なんですね。

 その授賞式に参加したのは、東京都・神田に本店を構えるせんべい店「淡平」の店主。同店のWebサイトによると、1971年に考案された「一味唐辛子のかたまりのようなせんべい」の名称が「激辛」で、これが1980年代に起こった激辛ブームの火付け役になったのだとか。

 ちなみに、からいせんべいを作り始めたきっかけは「から〜いものを食べさせるイタズラにあった小学生の息子が、父親に『もっとからいものを作って』とお願いしたから」というものだったとか。当初は、特に商品化するつもりではなかったようです。

おまけマンガ



他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう