ニュース
» 2018年11月06日 16時04分 公開

ベビーシッターサービスのキッズラインが「家事代行」もスタート 1時間1000円からお願いできる

家事代行と保育を同じサポーターさんにお願いすることも可能。

[ねとらぼ]

 ベビーシッターマッチングサービス「キッズライン」を運営するキッズラインが11月6日、家事代行サービスを始めると発表しました。日常の掃除や買い物や料理などの家事代行を1時間1000円からWeb上で依頼できます。これは安い!

キッズライン キッズラインが家事代行サービスをスタート

 家事代行を頼みたいユーザーと、家事代行を請け負う「サポーター」をマッチングするサービス。現在サポーターは約150人ほど登録しており、顔写真と過去のレビューを確認した上で依頼ができます。中には「調理師免許」や「整理収納アドバイザー」などのスキルを持っているサポーターもいるとのこと。また、キッズラインならではのポイントとして、同じサポーターに保育も依頼可能です。

キッズライン 依頼ややりとりの流れ
キッズライン サポーターを選んで依頼

 家事代行の国内市場規模(2017年度)は、前年度比3.1%増の906億円に拡大する見込み。キッズラインはベビーシッターマッチングサービスでのノウハウを生かし、保育だけではなく家事もサポートするサービスを展開するといいます。

 現在は、子どもがいる家庭のみ利用可能。今後は子どもがいないユーザーも利用できるよう、順次サービスを拡大していくとコメントしています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう