コラム
» 2018年11月08日 11時00分 公開

【マンガ】「たまごっちはイグノーベル経済学賞に選ばれたことがある」って知ってた?

受賞理由が斜め上。

[ねとらぼ]

 ユーモラスな研究などに贈られる「イグノーベル賞」。受賞するのは科学者ばかりではなく、実は約20年前、「たまごっち」の企画者らが経済学賞に輝いていることをご存じですか?

解説

 初代たまごっちが発売されたのは、1996年11月。爆発的なブームが起こり、2年間で4000万個が販売されたといわれています。その人気は日本だけではなかったようで、1997年には同玩具の生みの親として知られる横井昭裕氏、真板亜紀氏がイグノーベル経済学賞を受賞しています。

 受賞理由は「膨大な労働時間をバーチャルペットの飼育に費やさせた」というもの。経済学賞でこのコメントはちょっと皮肉な感じがしますが、これもまたイグノーベル賞ならではといったところでしょうか。当時は飼育要素を取り入れたゲームが珍しかったといわれており、不思議なゲームに見えたのかもしれません。

 ちなみに、このたまごっちブームはわずか数年で終了。一時は生産が間に合わないほどの人気ぶりだったものの、99年には過剰在庫となり、発売元のバンダイが大赤字に陥ったとか。何というか、経済って難しいんだなあ……。

主要参考文献


おまけマンガ



他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう