コラム
» 2018年11月28日 11時00分 公開

【マンガ】エビなのに、名前が「ブラックタイガー」 和名にすると“さらに別の生物”が出てくるって知ってた?

他の生物に例えられ過ぎ。

[ねとらぼ]

 エビなのに「虎」と呼ばれている「ブラックタイガー」。ややこしいことに、和名では“さらに別の生物”の名前が使われているってご存じでしたか?

解説

 食用で販売されているブラックタイガーは主に海外からの輸入品といわれていますが、国内にも生息しており、「ウシエビ」という和名が存在。成長すると体長約30センチにも達することもあり、クルマエビ科の中では最も大きいことから、ウシに例えられたのだそうです。

 ちなみに、近縁種には「グリーンタイガー(green tiger)」というエビがおり、日本語の呼び方では「クマエビ」「アシアカ」などが知られています。

主要参考文献


おまけマンガ



他にもある! こんな雑学

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう