ニュース
» 2018年12月09日 10時00分 公開

生まれてからまだ5カ月なのにこんな大きいの!? アムールトラの子どもたちが元気いっぱい

たっぷり遊んですやすやお昼寝。

[錆,ねとらぼ]

 元気いっぱいに遊ぶアムールトラの子ども3頭が、ロンドン動物学会ウィップスネード動物園で撮影されました。生まれてからまだ5カ月なのにこんなに大きいのか……!



 アムールトラは別名シベリアトラとも呼ばれ、トラの中では最も大きい種です。3頭とも2018年6月に生まれたばかりの子どもですが、体は大きく立派に成長しています。ロシアなど寒い地方に住む種のため、子どもたちも毛皮がふっさふさ。


Zoological Society of London 肉球に触ってみたい!

Zoological Society of London 子ども3頭とお母さんのナヤ

 まるで大きな猫のようなアムールトラたち。遊び用のサンドバックにじゃれついたり、たしたしと肉球でたたいてみたり、おもちゃで遊ぶ猫のような動きを見せます。たくさん遊んだ後は大きなあくび。お腹を見せてごろんと横になった後は、すやすやと眠ってしまいました。こういう猫見たことあるよ……!


Zoological Society of London 吸いこまれそうなほど大きなあくび

Zoological Society of London お腹を見せてごろ〜ん

 アムールトラはIUCN(国際自然保護連合)のレッドリストではEN(絶滅危惧種)に指定されています。ロンドン動物学会ウィップスネード動物園は種の保全に向けて活動中。このまますくすくと3頭が育ってくれることを期待しましょう。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼ生物部に「いいね!」しよう