コラム
» 2018年12月25日 11時00分 公開

【マンガ】3.5キロ先でも見えちゃう、眼球が脳より大きい“あの生物”

圧倒的視力。

[ねとらぼ]

 脳と目、重いのはどちらでしょうか?―― こう質問されたら、多くの人が「脳」と答えるはず。

 ですが、これはあくまでも人間界の常識で、「世界最大の眼球を持つ陸生生物」として知られる“あの生き物”は脳よりも片目の方が大きいのだとか。

解説

 「世界最大の眼球を持つ陸生生物」といわれているのは、ダチョウ。その眼球は直径約5センチ、重量約60グラムで、脳は約40グラムしかないそうです。単純計算ですが、両目を合わせると約120グラムで、脳の3倍の重さがあることになります。

 ちなみに、このような特徴は他の鳥類にも共通しており、「鳥類の眼球は脳と同じか、それ以上に大きい」といわれています。

 光学的に考えると「眼球の大きさは像を結ぶ焦点距離に影響し、解像度が高まる」というメリットがあり、ダチョウの場合は、3.5キロ先にあるものも見分けられるのだとか。

主要参考文献


おまけマンガ



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう