ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

真面目な自伝本「夫のちんぽが入らない」が新聞広告に掲載……も、タイトルが「入らない」 斬新な広告デザインが話題に

一度は掲載を断られていました。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

 主婦ブロガー・こだま先生による衝撃の自伝「夫のちんぽが入らない」の新聞広告がこれまた衝撃を呼んでいます。なんと、広告のどこを見てもタイトルが載っていない……!

朝日新聞広告 確かにどこを見てもあるはずの書籍名がない

 話題となっているのは、2月12日発行の朝日新聞に掲載された広告。なぜタイトルや書影がない斬新な広告デザインとなったのか? ねとらぼの取材に対し出版元の扶桑社は「直接的な性的表現は掲載できない審査規定があったため」と説明してくれました。やはりそうでしたか……。


 「夫のちんぽが入らない」はこだま先生の自伝作品。学生時代から交際していた夫との半生を「私」の視点で赤裸々に振り返っています。もともとは2014年に同人誌として発表されましたが、同人誌は発売されるなり即完売。重くつらい経験を独特のユーモアを交えてつづり、大きな支持を得ました。そんな伝説的な作品を大幅に加筆修正したものが、扶桑社から出版された新バージョン。

 同書が発売されたのは1月18日。担当者によると、扶桑社は今年(2017年)のはじめごろから発売日に合わせた広告の打診をしていましたが、なかなか掲載には至っていませんでした。当初朝日側からは「広告の掲載自体不可」とも言われていましたが、それならばと現在のデザインをダメ元で提案。社内からは「タイトルと書影が無いのに本当に広告になるのか?」「やはり却下されるのでは?」と不安視する声も出たそうですが、意外にも審査が「通ってしまった」とのこと。結果的にタイトルをぼかした斬新な手法は話題を呼び、宣伝としては大成功と言えそうです。

真面目な自伝本「夫のちんぽが入らない」が新聞広告に掲載……も、タイトルが「入らない」 斬新な広告デザインが話題に 広告への掲載がかなわなかった書影


 なお扶桑社は他の全国紙にも広告依頼を出しており、近日中に毎日新聞での掲載も控えているとのこと。毎日新聞では小さくタイトルも掲載されるそうですよ!

朝日新聞広告 何が入らないんだろう? と、気になって調べたくなりますね

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る