ITmedia ガジェット 過去記事一覧
検索
ニュース

帰ってきた“おじさんテラハ”「バイプレイヤーズ」新シリーズが2月から放送、今度は無人島生活

業界では撮影期間中に深刻なバイプレイヤー不足が起きる見込みです。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
g+
LINE
Hatena

 名脇役たちが本人役で出演しわちゃわちゃするテレビ東京の“ゆるシブ”コメディードラマ「バイプレイヤーズ」の新シリーズが2月7日21時54分から放送されます。

バイプレイヤーズ 無人島
帰ってきた! (画像はテレビ東京Webサイトから)

 テレビ東京が2017年1月クールのドラマ24で放送した同シリーズは、遠藤憲一さん、大杉漣さん、田口トモロヲさん、寺島進さん、松重豊さん、光石研さんの6人が本人役で登場し、わちゃわちゃとした共同生活を送り、「おじさんのテラスハウス」として深夜ドラマとしては異例の注目を集めました。


 うっすらと二期の可能性をほのめかして終わっていた同作は、水曜22時というプライムタイムに昇格して復活。スケジュールの都合で今回は出演しない寺島さんをのぞく5人がテレビ東京の朝ドラマ「しまっこさん」で共演することになり、ロケ地を間違え無人島に漂流し、サバイバル生活を強いられるというストーリー。テレビ東京の濱谷晃一プロデューサーは、「殺人事件や恋愛、医療、などを盛り込んで…などとゴールデン仕様にはなっておりません。些細なことに右往左往するおじさまたちに癒されていただければと思います!」とコメントしています。

バイプレイヤーズ 無人島
今度の舞台は無人島(画像はYouTubeから)


 松重さんの「しかしテレ東、こんな面倒くさいオジさん達に、よくまた招集かけたなぁ、と、拍手。イケメンも出ません。愛も感動もありません。スリルもサスペンスもありません。いわゆるドラマファンの皆様、申し訳ない。ただただオッさん5人でわちゃわちゃしているだけのドラマです」というコメントが作品を全て表現してしまっていますが、この他、「今作の話が来た時、『前作を超えるの無理じゃない?でもやるんだ』…と思いながら初日、現場へ行ってみたら、『超えそう!』という感触を持った」(遠藤憲一)、「見ないと・・・(ニヤリ)」(大杉漣)、「またまたみんなと飲める!」(田口トモロヲ)、「今作の話を聞いて、僕は率直に嬉しかった」(光石研)など思い思いのコメントを寄せています。

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る