ニュース
» 2005年01月28日 22時03分 公開

バンダイ&ナムコが強力タッグのPS2「機動戦士ガンダム 一年戦争」4月発売が決定(1/3 ページ)

超リアルなフィールドとMSバトルで一年戦争を体感せよ!バンダイがナムコと組んで放つPS2ガンダム最新作は「最高作品&最高傑作」と自負する決定版だ。

[ITmedia]

 バンダイは1月28日、プレイステーション2用ソフト「機動戦士ガンダム 一年戦争」を4月7日に発売すると発表した。ナムコとタッグを組んだ共同開発プロジェクト「PROJECT PEGASUS」が放つ第1弾。ナムコの先端技術をガンダムワールドに注ぎ込み、一年戦争を忠実に再現した。長年ガンダムシリーズを手掛けてきたバンダイが「シリーズの最高作品&最高傑作」と自負するビッグタイトルになりそうだ。価格は7140円(税込み)。

(C)創通エージェンシー・サンライズ (C)BANDAI (C)NAMCO LTD.

 「一年戦争」は“ファーストガンダム”がベースにしたアクションゲーム。モビルスーツ(MS)パイロットとしてミッションをこなしながら、地球連邦軍とジオン公国軍のし烈な戦いに巻き込まれた主人公アムロ・レイの成長や出会いと別れ、忘れがたい多数の人物が織りなす名場面をリアルな3Dグラフィックスと書き下ろしアニメで“体感”できるのがウリだ。

細部もがっちり書き込まれたRX-78

 ミッションは20以上。大きく3種類に分かれ、市街戦や接近戦、護衛戦、時間制限戦闘など多彩だ。

ミッション 内容
地上ミッション 基本的なミッション。重力下でジャンプや奪取を駆使して戦う
宇宙ミッション 天地がない無重力空間を飛び回る
射撃ミッション 白兵戦FPSやホワイトベースの機銃座からの射撃など
リアルに再現されたサイド7。ザクの向こうに見える格納庫は劇中に登場するあそこ
左上隅にMS用エレベーターが

 各ミッションでは、ナムコが注ぎ込んだ技術で超本格的なバトルを楽しめる。地上ミッションのフィールドは、「エースコンバット」シリーズの「広範囲地形描写ノウハウ」で再現。例えば第1話の舞台となるサイド7は「長さ15キロ、直径6.4キロ」の“実寸”で描かれているのが特徴だ。

 しかも、連邦軍のMS開発施設や、フラウ・ボウの両親が爆死した道路など、作中に登場する場所がそのままフィールド中に再現されている。激しい戦闘の最中におなじみの場所を探し出す楽しみもありそうだ。

 MSの動きは「鉄拳」「ソウルキャリバー」シリーズの「モーション作成・管理ノウハウ」により実に滑らか。左右のアナログスティックとボタンを使って方向移動やジャンプをスムーズに行え、地上ミッションでは急速な方向転換「スラスターターン」や二段ジャンプで敵MSの後ろを取る、といったダイナミックな戦闘を楽しめる。

ミッションを劇中と同じ状況でプレイすると「メモリアルアクション」が発動。例えばサイド7のザクはバルカン砲でも倒せるが、ここはやっぱりコロニーを傷つけない配慮が欲しいわけで、つまり……
宇宙ミッションでは無重力空間でMS戦。バンダイのリクエストで「着床」概念が導入され、戦闘中に戦艦に取り付くことができる。ホワイトベースの下側に着床して敵MSを狙撃する、というように、天地の感覚がない宇宙空間ならではの戦闘方法もアリだ

 特筆すべきは、新エンジンの搭載で実現した「射撃ミッション」。ここではMSには搭乗せず、生身の人間として戦闘。ホワイトベースの機銃座からの対空射撃や、船内?での白兵戦で敵を撃退する。「一兵卒の視点で一年戦争を体験せよ!」。

ホワイトベースの機銃座からドップを迎撃。ブライトに怒られることもあるそうで、「弾幕薄いよ、何やってんの!」なんてお叱りを期待

 ミッションの間にはアニメの名場面の再生でストーリーを盛り上げる。アニメ部分は新作・オリジナル声優による新録。もちろんミッション中もセイラさんが励ましてくれるし、BGMも原曲と抜かりはない。

プロデューサーを務めるバンダイの堀内美康氏(左)とナムコの東山朝日氏。堀内氏は「白兵戦ミッションではホワイトベースの銃座視点からの戦闘もある。目の前をドップがかすめて飛んでいくなど、本当に戦争を感じさせる、ある意味恐いシチュエーションだ。一年戦争を体感するのに必要なものとして導入した」。東山氏は「原作がある作品なので、再現性の高さがユーザーの喜びにつながると考えている」
バンダイの鵜之沢伸常務(左)は「ナムコからは『エースコンバットでは何キロ先の航空機までちゃんと再現しているんです』とプレゼンを受けた。新作を見ると、ちゃんとした物理計算で動いているな、と感じる」と脱帽。応援に駆け付けたソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンの竹野史哉プレジデントは「ガンダム世代垂ぜんのソフトが登場しそうだ」と期待

プレミア度が高い「GUNDAM THE BEST」や購入特典DVD

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/18/news019.jpg 甘えん坊な猫ちゃん、起きた瞬間飼い主に向かって…… 胸キュンなかまってアピールに「こんなんズルい!」
  2. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  3. /nl/articles/2109/17/news161.jpg はなわ、横浜の新居ルームツアーで家族圧倒 おしゃれな変身を遂げた広いリビングに「すばらしいおうち」
  4. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  5. /nl/articles/2109/18/news048.jpg 想像以上にやばい 武田久美子、バスタブでまさかの“大クラッシュ”「あちこち切れてしまいました。。」
  6. /nl/articles/2108/19/news035.jpg 石見銀山の「景観に配慮した自動販売機」がステキと話題 設置のいきさつなど聞いた
  7. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  8. /nl/articles/2109/17/news054.jpg 御茶ノ水駅に“お茶と水だけ販売”する自販機が登場 「こういうセンス好き」「普通に需要がある」と話題に 設置の経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  10. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」