ニュース
» 2005年02月24日 15時23分 公開

元気、NDSで「探偵・癸生川凌介事件譚 仮面幻影殺人事件」を発売 (2/2)

[ITmedia]
前のページへ 1|2       

登場人物

画像 プレーヤーとなる主人公 生王正生(いくるみまさお)。フリーのゲームシナリオライターであるが、元気株式会社との専属契約で、癸生川探偵事務所で実際に起きた事件を携帯ゲームにして公開している。最近は新しいハードで挑戦しようとしているらしい。その点で「借り」があるためか、どうにも癸生川や伊綱には頭が上げにくい。とある事件がきっかけで癸生川と知り合い、以後、友人として関係が続いている。癸生川や伊綱におだてられ、体よくタダ働きさせられている可哀想な人。本当に探偵の素質があるのかどうかは、いまだ未知数
画像 癸生川凌介(きぶかわりょうすけ)。癸生川探偵事務所の所長。長身で面長のいい男なのだが、いつもボサボサの頭で時代錯誤な格好をしているためか、あまり好印象は持たれない。たいそうな自信家な上に奇怪な言動も多く、奇人のレッテルを貼られているが、数多くの難事件を解決している名探偵。性格は極めて謎。突然意味の分からない行動に出て、相手を困惑させる事もしばしば。しかしそのため自分のペースをかき乱され、気が付くと彼のペースにすっかりのまれていた、という者も多い
画像 白鷺洲伊綱(さぎしまいづな)。癸生川探偵事務所の助手。若いながらも優秀な推理力、洞察力を持っており、たいがいの事件ならば、彼女ひとりでも充分解決できる。気になることがあると何にでも飛び込み、図々しいくらい踏み込んでいくが、いつの間にか相手を自分の世界に引き込んでしまう不思議な魅力を持つが、基本的にはすっとぼけ気質でイジメ好きであり、またそれを自認。彼女に弱みを見せたが最後、当分はそれをネタにイジめられる事は間違いない。「弱点があるのに責めないなんて、弱点に失礼じゃないですか。くふふ」などと言いながら生王がおもなイジメの対象となっている
画像 矢口床子(やぐちしょうこ)。フリーのジャーナリスト。昔の事件で伊綱と知り合い、仲良しになった。情報交換などでなにかと探偵事務所に顔を出す。ちなみにバスト96センチの巨乳
画像 尾場九歳(おばこことし)。鞠浜署捜査一課警部。現場たたき上げの昔気質。昔の事件で癸生川と知り合い、以後なにかとお互い情報交換することが多くなった。かつては本庁勤務
画像 音成孝一(おとなりこういち)。鞠浜署捜査一課刑事。「名探偵」に憧れて刑事になったものの実際は地味な事件ばかりで残念な思いをしていた頃に癸生川らと知り合い希望を胸に抱く
(C) 2005 GENKI
(C) Genki Mobile


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10