ニュース
» 2005年03月03日 03時48分 公開

自動車業界9社がマジ参戦!「GT4真剣勝負」の勝者は?(2/2 ページ)

[小林仁,ITmedia]
前のページへ 1|2       

決勝レース〜往年のグループCカー(ルマン)による3大決戦が実現

 予選を一通り見て感じたのは、自動車メーカーのみなさん、なかでも決勝に残ったトヨタ、日産、マツダのドライバーはあからさまに「GT4」やりこんでいるなぁオイ……、ということだ。国内外を代表する自動車メーカーの社員同士が「GT4」で自社のクルマを使ってレースを競う……と書くと単なるお祭りのように聞こえるかも知れないが、現実のカーガイ達は愛社(もとい愛車)精神にあふれた方が多い。やっぱり勝てばうれしいし、負ければ皆さんくやしいのである。

 かくして決勝レースのエントリー車は、クルマ好きを喜ばせるラインナップとなった。マシンのエントリーは以下の3台。しかもトヨタ、日産、マツダのド リームマッチと言えば、やはりコレしかない! という組み合わせだ。

【決勝レース出場車】

▼トヨタ:ミノルタトヨタ88CV '88

▼日産:ニッサンR89C '89

▼マツダ:チャージマツダ 787B レースカー '91

 そう、往年のグループCカー対決だ! 悲願のルマン制覇を成し遂げた787Bに挑むミノルタトヨタとR89C、これだけでもクルマ好きなら盛り上がるものだが、レース展開もこれまた熱かった。走り慣れていない新コースをハイパワー車で競うため、ギリギリまで攻めるとコースアウトしてしまう3車。しかし、攻めないと後ろから追い上げられてしまうため、実際のレースさながらの抜きつ抜かれつのバトル。前線でプレッシャーを掛け合うR89Cを操るトヨタ牟田選手とR89Cを操る日産田村選手の後ろで虎視眈々とトップを狙う787Bを操る小河選手……その結果は!?

優勝はトヨタの牟田選手! 筑波4000ラップは伊達じゃない

 抜きつ抜かれつのバトルを制したのは、「この日のために1カ月筑波を4000〜5000ラップを走り込んだ(!)」という、ミノルタトヨタ88CVを操る牟田選手だった!。「出場が決まってからは社内から結構なプレッシャーがありまして……」と語っていた牟田さんだが(子供や奥さんも応援に来てました)そのプレッシャーをはねのけて見事な優勝(トヨタの力をゲームの世界でも見せつけられました……というかトヨタが一番マジだった。いやお見事です)。こうして一番の盛り上がりを見せた決勝レース以外にも、大会では「タイムよりも見せる走りを競う」メディア対抗のエキシビジョンマッチなどが行なわれ、さまざまな遊びが楽しめる「GT4」の魅力が伝わる大会となった。

優勝したトヨタ自動車・第一車両性能開発部の牟田さん。「最初は緊張しましたが、やっぱり勝つとうれしいですね」と笑顔でガッツポーズ。お子さんも応援に来てました。さすが父は強し
優勝したトヨタ牟田さんには、なんとGT4フルセット(PS2、ソフト、GT-ForcePro、モニター、シート一体型フレーム)が贈られた

 最後に大会終了後、「GT4」の生みの親でもあるポリフォニー・デジタル代表の山内氏からのコメントをいただいた。

―― 大会はかなり盛り上がりましたね。

山内氏 夢みたいです。(GTシリーズを)10年間やってきて良かった。

―― 今回の大会は山内さんサイドから提案されたのですか?

山内氏 はい、ゲームは映画やテレビと違って、遊んでもらわないとエンターテイメントとして成立しないんです。ですから今回、ゲームとしてこうして勝った負けたという“場”が用意できたこと、またそうした“場”に参加していただけた自動車メーカーさんの方々に感謝したいです。

―― 今回のベストドライバーは誰でしたか?

山内氏 やっぱりトヨタの牟田さんですね。4000ラップって、実際走ると大変ですよ。全社をあげて送り出されてきた人で、その結果を出すというのはすごい。

―― 2位になった日産の田村さんが「2回目もぜひ」とリターンマッチを希望していましたが、次回もこうした場を作る予定は?

山内氏 今回のようなメーカーさんのご協力はもちろん、メディアやユーザーさんの協力が得られればぜひまたやってみたいですね。本日は本当にありがとうございました。

 なお、この大会日の模様やオフィシャルサイト「グランツーリスモ ドットコム」で見ることができる。こちらでは映像も用意されているので、興味のある方はチェックしてみるといいだろう。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」