IT戦士、「デス バイ ディグリーズ」で鉄拳ニーナに憧れるITmedia GAMES NINA PROJECT No.2

格闘ゲーム「鉄拳シリーズ」のキャラクター、ニーナが主役のPS2ゲーム「デス バイ ディグリーズ」をプレイしたIT戦士。強く美しいニーナに憧れ、ニーナになり切るという暴挙に出た。

» 2005年03月28日 00時00分 公開
[岡田有花,ITmedia]

 「ニーナみたいになりたい」――美人スイーパー、ニーナ・ウイリアムズが主人公のPS2用アクションアドベンチャーゲーム「デス バイ ディグリーズ 鉄拳:ニーナ ウイリアムズ」をプレイし、記者はニーナにあこがれた。豪華客船に単独で潜入し、襲い来る男性をバッタバッタと倒すニーナ。ITの力で世界平和を目指す“IT戦士”の記者としては、彼女のような強さと美しさを是非身につけておきたいところだ。

 事の始めはこの記事だ。将来、断っても断っても四方八方から男たちがプロポーズに押し寄せるとも限らない。指先(スティック)ひとつ弾いて倒すニーナに惚れた。いや、むしろ私がニーナだ。ここはひとつ、ニーナを見本に華麗な技と、女の魅力を磨かなくてはならないと、電車に飛び乗るのだった。

ニーナみたいになりたい

 しかしどうすればニーナみたいになれるのだろうか。見当もつかなかったので、まずはニーナの魅力を探ろうと、同ゲームを開発したナムコCTクリエーターグループの坂上プロデューサーに話を聞いた。

 「ニーナの魅力は媚びないところ。目的のためなら手段を選ばず任務を遂行する意志の強さです」と坂上プロデューサー。なるほどそうか。クリスマスにサンタ服を着たり、男と見れば誰彼構わず告白するのはむしろ逆効果だったのか。

「最近は日本でも女性の方が強いですよね」と坂上プロデューサー

 「ニーナの動きは基本的に、白人女性のモーションキャプチャを利用していますが、強さを演出するため、戦闘中の動きには一部、各国の女性スタントマンによるモーションキャプチャを利用しています」――女性の弱さを徹底的に排したキャラ作りを行ったという。戦闘シーンは複数の敵と同時に戦える全方位バトルを採用。何人もの屈強な男性に、たった一人で立ち向かう。

 「2本のスティックを使った操作方法にしても、「鉄拳」が1対1の格闘ゲームだったのに対して、1対多を想定した時どういう倒し方があるのかと考えたんです。大技の時に全方位の敵を倒すといったことではなく、あくまでも通常の攻撃で。そんな時、ふとコントローラのスティックを弾けばいいんじゃないかと思いつき、その結果がこの独自の攻撃方法となりました」――なるほど女性も個性が求められるように、攻撃方法ひとつとっても独自性は重要ということか。ゲーム中にある内部破壊に関しては、ビジュアル的に表現するのに開発陣にイメージ伝える際に、必殺シリーズを例に挙げたとか。時にはわかりやすさも“個性”か、ふむふむ。

 その一方で、戦ううちにストッキングが破れたり、しばらく何も操作しないでいると、スカートのお尻の部分を直し、髪をかきあげるなど、セクシーな動きを見せてくれる。強さと女性らしい色気――このギャップが魅力につながるようだ。

男性顔負けで戦うニーナと、女性らしく髪を整えるニーナ。二面性が魅力の源のようだ

 インタビューを続けるうち、ニーナの魅力を熱く語る坂上さんが、ニーナ以上に魅力的に見えてきた。彼は私みたいな女、好きだろうか。ドキドキしながら聞いてみた。「どんな女性がタイプですか?」。即座に返ってきた答えは、「ニーナみたいに強い女性です」。

 やはり……こんなこともあろうかと、記者はニーナ風の金髪カツラを準備しておいたのだ。おもむろにカツラを装着し、さっそうと上着を脱ぎつつニーナの決め台詞を一発。「WHO DARES WINS!」(危険を冒すものが勝利する)。

さりげなくカツラを取り出す
「WHO DARES WINS!」

 ――完璧だ。われながらニーナそのものだ。坂上プロデューサーも記者に惚れたのか、困ったような半笑いだ。

 ここであと一押し。記者の強さを見せ付けて、完璧に惚れさせよう。インタビュー会場の会議室の机を隅に追いやり、ニーナの構えで決闘を申し込む。「レッツ、ケットー、プリーズ!」。

ニーナそのもの

 まずは大技、ディバインキャノンを繰り出す。ニーナのごとく勢いよく足を振り上げ、坂上さんに大ダメージを与え……ようとしたが、足がプルプルして上がらない。あ、ピキって音が。つ、つった……

IT戦士、決死のディバインキャノンに坂上さんは「何やってんですかこの人……?」
ニーナのディバインキャノン

 キックがダメなら腕ひしぎだ。坂上さんを無理やり押し倒して手をつかみ、締め上げる。「ぐっ」――坂上さん、本当に痛そうだ。よし、あと一押し!

IT戦士の腕ひしぎ
ニーナの腕ひしぎ

 とどめだ。ファールキックで急所に一撃。

IT戦士のファールキック
ニーナのファールキック

 「うっ」と呻いて床に崩れ落ちる坂上さん。……し、しまった、本当に倒してしまった。

やりすぎた……

 ぐったりした坂上さん。記者に惚れることなど、当然なかった。

 「強い女は孤独なのね……」。

 坂上さんをその場に残したまま、記者はニーナの魅力をもう一度確かめるべく、家に帰ってゲームの続きをプレイ。実戦で経験値をためてしまったのか、スティックさばきも慣れたものでステージもサクサク進む。いつの間にやらボス戦に突入すると、なにやら髪型が個性的なオジサマが出現した。これくらい歳が離れていてもいいかもしれない……と、対象年齢も広げてくれたニーナに感謝するのだった。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/16/news107.jpg 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  2. /nl/articles/2407/16/news021.jpg 17歳姉が今か今かと待つのは…… 3歳双子姉妹の愛あふれるお迎え風景に「なんとも愛おしい」「天使な三人」
  3. /nl/articles/2407/16/news097.jpg 「先生が間違ってる?」 マクドナルドが公開した“難問”にツッコミ殺到 「こりゃ答え困るやつーwww」「出題ミス」
  4. /nl/articles/2407/15/news051.jpg 「こんなことになるとは」 鋼製の包丁を食洗機で洗ってしまった結果…… “衝撃の変化”に仰天「1度でこれほど」
  5. /nl/articles/2407/17/news013.jpg 5児ママ、子どもと友達12人分のごはんを作ることに…… 驚がくのボリュームと手際の良さに「絶対真似できない」「尊敬しかない」
  6. /nl/articles/2407/13/news082.jpg 「これはオカルト」 10年使ったエアコンがなぜか調子回復 →“家電あるある”な現象に13万いいね 「もういい、お前は頑張った」
  7. /nl/articles/2012/05/news034.jpg 重病説が流れた佐藤浩市、“激やせ”の理由明かす 石田ゆり子も「聞いちゃいけないような気もして……」
  8. /nl/articles/2407/14/news007.jpg 【今日の計算】「56÷8−7」を計算せよ
  9. /nl/articles/2407/12/news181.jpg どういう状況……!? 兵庫の市役所が5万円で出品した“まさかの商品”が二度見必至 お得な“おまけ”もついてくる
  10. /nl/articles/2407/13/news011.jpg 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  7. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  8. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  9. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
  10. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」