入学式で動く「グランディアIII」初披露――ゲーム業界に踏み出した学生たちにエール

本日、デジタルエンタテインメントアカデミー第14期生入学式にて、特別講演会「スクウェア・エニックスのゲーム開発について〜グランディアIIIの開発〜」が行われ、実際にゲームを動かし戦闘システムなどを披露した。

» 2005年04月07日 16時09分 公開
[加藤亘,ITmedia]

 本日、大久保のホテル海洋にて、デジタルエンタテインメントアカデミー第14期生入学式が行われ、通常の入学式のあと、スクウェア・エニックス エグゼクティブプロデューサー齋藤陽介氏と、プロデューサー樋口亘氏、ゲームアーツ「グランディアIII」監督 高橋秀信氏が登壇し、ゲーム現場の実情や今後卒業後に待ち構えているゲーム開発環境について、2005年夏にPS2で発売を予定している「グランディアIII」のゲームを使用して説明した。

 「スクウェア・エニックスのゲーム開発について〜グランディアIIIの開発〜」と題して、今回このような特別講演会が催されたのは、ゲーム開発者として数年後社会に飛び出した際、どのような開発環境に置かれ、ゲーム製作をしているのかを知るための現場からの声が、一番入学生にとっては目指すべき目標になるからとの意味。

 ちなみに「グランディアIII」の動く映像は、今回が初お披露目であった。

まずは齋藤氏が入学の挨拶とゲーム製作の分業制について例を挙げて説明
樋口氏は新入生たちにゲーム製作現場の様子を「グランディアIII」を使用して解説
高橋氏もゲーム製作では実際の開発と広報などの分業があることを、ゲームアーツとスクウェア・エニックスを例に挙げて説明。高橋氏は純然たる続編である「グランディアIII」が企画された必然性があったんだと触れ、その意思表示をするのが監督の仕事であると発言

 「グランディアIII」は実に長期に渡った企画のブラッシュアップの末に産み出された。ゲーム開発とは、技術の革新であったり、集まった人材であったり、様々な必然を経て、様々な人間のアイディアを盛り込み、そして徐々に整理されて至るのだと樋口氏は説く。

 高橋氏は続けて――「“ゲームは最終的には触って楽しむ、見て楽しむ”もの。監督は指針を決める立場で、統括的な立場というのはなんとなく理解できると思う。監督がやらなければいけないのは、スタッフ全員があるべき姿が見えていない段階から、しっかりとゲームの世界観なりビジュアルをイメージでき、意思表示することだ」と監督の仕事について見落としやすい点を示唆した。

 「グランディアIII」では高いクオリティを求め、実写の映画監督に協力を要請し映像へのこだわりを押し出している。4月9日から全国劇場にて公開されている乙一原作「ZOO」の監督である金田龍が起用されていることに触れ、グラフィカルなアプローチのほかにもドラマの部分でキャストにもより高度な演技力を要求するなど、あるべき姿へと向けて妥協なく開発できる“布陣”を敷くのが開発の第一歩とのこと。その先には模索し、人材を踏まえた企画を想定し作られたのが本作なのだ。

 高橋氏は「シリーズ通しての主張は“エンターテインメントを作っていこう”だった。人を楽しませるのがエンターテインメントだとすると、人を限定しては真のエンターテインメントとは言えないと考えると、言葉のわからない人間でも伝わらないと真のエンターテインメントではないはず。年齢も性別も超えて言いたいことがうまく伝わるような作品を目指したことがシリーズの思想であり、自分の思想なのだ」――といかに自らの思想が大切なのか、エンターテインメントとは何なのかを自らに問うことが大事かを、今後のゲーム開発に携わる際に念頭に置くべきだと語った。

 それだけでは開発は進まない。クリエイトの思想も必要とのこと。いいものを作ろうという一点のみで「グランディアIII」では、必要に迫られて新しいゲームエンジン「N3」(Next Needs Network projectの略)を開発している。N3は基礎システム設計部隊による製作工程から情報管理、技術開発を含む「グランディアIII」に特化されたプロジェクトの総称で、ビジュアルやゲームシステムなど、ハイクオリティをPS2上で実現させるスペックの高さを誇る。まさに必要は発明の母。

会場には初公開の「グランディアIII」のロゴが浮かび上がる。これを見た入学生の数人は、もしかしたらさらなる続編を作る日が来るかもしれない
実際動いている絵はすでに滑らかに動いており、ある程度は完成されているようだ。新システムの“Gサーチ”も使用。使用すると範囲にある動かせるものなどを探索、表示してくれた。今回は谷を岩で埋めるための“岩”を探索していた
「アルティメットアクションバトルシステム」は健在。さらに個別の必殺技、空中コンボなどをセミリアルタイムバトルシステムに乗せてサクサク戦闘が行われているようだ。戦闘は樋口氏曰く「まるで格闘ゲームをやっているよう」だそうだ

 「冒険」をすることを主題としている「グランディアIII」では、実生活が忙しくなかなか「冒険」に行けない人々が、ふと足を止め気がついた風景の美しさに「冒険」を喚起させるものがある。いつもと違うところへ来ているのだと旅情を感じられる。綺麗な朝日、太陽の光、そこに流れる空気感、緑の深さなど、「冒険」が確かにそこにはあった。

 最後に高橋氏は「現場を常にイメージすることが大切。現場に出たならイメージを持って戦える力を持ってほしい。一番大事なことは円滑な現場を組み上げること、そしてその現場が“熱”を持つことだ。いいものを作ろうという意識、困難に立ち向かおうという気構えという“熱”が必要で、我々はそういう人材を求めている」――と学生を鼓舞。

 さらに高橋氏はこれからゲーム業界へのアプローチの仕方として「アクト ローカル シンク グローバル」という思想を提示。「“動くときは自分が手の届く範囲で、考えるときにはいかに広い世界を考えるか”を常に持たなくてはならない。常に自分の熱意だけでは戦えない。ただ自分のできる範囲のことを示し、常に広い視野を持つべき」と、これからの学生たちを歓迎した。

 樋口氏も「次世代機などの“お祭り”が始まるチャンスが待っているの、頑張ってください」とエール。

 最後は齋藤氏。「これほど楽しい業界はないはず。やっと第一歩を踏み出したのは誇るべき」と締めてくれた。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/18/news026.jpg 赤ちゃんがベッドから落ちた!?→あわてて行ったママが見たものは…… “うそだろ?”な衝撃寝相に「面白過ぎるやめてww」
  2. /nl/articles/2406/18/news167.jpg 人気グラドル、合成なしでヨルさんキックを完璧再現 「エナコ・フォージャー良き」「そこまで脚が上がるのがすごい」
  3. /nl/articles/2406/17/news153.jpg 数学科が切った“大小バラバラ”なピザ→わかる人にはわかる「有名定理」の再現に反響 「全然わからん!!」「声出して笑ったw」
  4. /nl/articles/2406/16/news013.jpg 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  5. /nl/articles/2406/17/news029.jpg 超ロングくせ毛の小学5年生が、人生初ヘアカットをしたら…… “まるで女優さん”な激変に「めっちゃかわいい」「ストレートもウェーブもできるなんて」
  6. /nl/articles/2406/18/news009.jpg イギリスから来た両親が、初めて孫と対面して…… 感動と幸せいっぱいのリアクションに「泣いちゃいました」「最高の言葉ばかり」
  7. /nl/articles/2406/18/news108.jpg 人生正直諦めた……竹原慎二、「死を覚悟の大病」から10年で“2000万円の高級外車”を購入 10台以上乗り換えも「1番気に入ってるね」
  8. /nl/articles/2406/18/news012.jpg ママとまだ遊んでいたい赤ちゃん→必死で眠気と戦うが…… 眠りに落ちていく姿に「ママの手の魔法にはかなわない」
  9. /nl/articles/2406/18/news145.jpg 「気になるw」 大谷翔平、新ユニフォーム披露も…… “まさかの箇所”に注目集まる「全然気付かなかった」
  10. /nl/articles/2406/18/news052.jpg 「くそっ。こんなので」「ゲラゲラ笑ってる」 風情がなさすぎる“カスの枕草子”が目撃され話題に
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」