ニュース
» 2005年05月17日 16時47分 公開

スクウェア・エニックスがXbox 360に参入!――第1弾は「FINAL FANTASY XI」

Microsoftの「E3 2005 Xbox Briefing」にて、スクウェア・エニックスの「FINAL FANTASY XI」参入が発表された。同時に、これまで不明確であった上位互換性について、完全互換ではないものの、互換性が保たれていると発表された。

[平澤寿康,ITmedia]

 Microsoftは、5月16日ロサンゼルスのShrine Auditoriumにおいてプレスブリーフィングを開催し、今年冬に発売が予定されている次世代ゲーム機「Xbox 360」向けとして発売が予定されているタイトルや、Xbox Liveをベースとする新サービスなどについての詳細を発表した。

 まず、日本のユーザーにとって非常に関心が高いと思われるトピックについて紹介しよう。それは、「ドラゴンクエスト」シリーズや「FINAL FANTASY」シリーズでおなじみのスクウェア・エニックスがXbox 360に参入すると発表されたことだ。

画像 スクウェア・エニックスの社長である和田洋一氏も登壇し、Xbox 360への参入について語った

 日本市場においてXbox 360が成功するためには、スクウェア・エニックスの参入は必須条件であったと言っても過言ではない。Microsoftとしても、なんとしてでも参入してもらいたかったパブリッシャーの1つであり、長年の夢が実現した形でもある。とにかく、日本市場にとって非常に明るい発表である。

 参入第1弾として投入されるタイトルは、MMORPGの「FINAL FANTASY XI」だ。もちろんXbox Liveに接続して動作することになるはずだが、Play Onlineとの互換性も実現されているそうだ。ということは、プレイステーション2版やPC版のプレーヤーとも同時プレイが可能と考えていいだろう。また、それ以降も順次様々なタイトルが投入されることになるそうだ。

画像 スクウェア・エニックスのXbox 360参入第1弾として発表された「ファイナルファンタジーXI」
画像 Xbox 360版のハイビジョンクオリティの画像は、PC版と比較しても全く見劣りすることはない
画像 Xbox Liveに接続されるもののPlay Onlineとの互換性も確保されており、マルチプラットフォームでの同時プレイが可能になると思われる

 また、テクモの「DEAD OR ALIVE 4」がXbox 360で登場することも発表された。会場ではDEAD OR ALIVE 4のデモムービーが披露されたが、前作を大きく凌駕するクオリティを実現したグラフィックに、来場者からも大歓声が巻き起こっていた。

画像 テクモの人気格闘ゲーム最新作「DEAD OR ALIVE 4」はXbox 360で登場する
画像 前作を大きく凌駕するクオリティのグラフィックは圧巻。会場からも割れんばかりの歓声が巻き起こった

 そして、ハードウェア関連の発表もあった。それは、Xbox 360が、現行のXboxとの互換性を実現しているというものだ。これまでMicrosoftはXbox 360の上位互換性に関して頑なに口を閉ざしていたため、Xboxとの互換性はないという噂が一人歩きしていたが、今回の発表によってその噂は完全に否定された。現世代のソフトもそのまま活用できるという点はユーザーにとって大きな魅力であり、素直に喜べる発表だ。

画像 Xbox 360の「Backwards Compatible」、つまり現行Xboxとの互換性を有していることが発表された

 これら以外にも、プレスブリーフィングではXbox 360向けのソフトが多数発表されるなど、非常に濃い内容であった。それらの詳細については、追ってレポートする。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた