ニュース
» 2005年05月17日 18時07分 公開

コーエー、「鬼」改め「仁王」PS3で発売――黒澤明の遺稿をゲーム化

コーエーは、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が開催したプレスカンファレンスにて歴史アクションエンタテイメント「仁王」の発売を発表。

[ITmedia]

 コーエーは、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)が北米ロサンゼルスで開催したプレスカンファレンスにて発表した、次世代機「PLAYSTATION 3」にて、歴史アクションエンタテイメント「仁王」を発売することを発表した。発売は2006年の夏。価格は未定。

 金髪碧眼の武将が戦国の世を乱舞する究極のアクションエンタテインメントが「仁王」。カンファレンス会場では、PS3に参入した各社のタイトル紹介の中で発表され、しっかりと黒澤明の遺稿をベースに、と「鬼」からの改題を告げられていた。

 SCEのカンファレンスでは本作ゼネラルプロデューサーのシブサワ・コウもメッセージを寄せていた。PS3への期待を述べるとともに、「仁王」への意気込みも感じられた。


 時は、群雄割拠の戦国時代――。日本人の父と異国の母を持つ金髪碧眼の武将が、己の運命を切り開くべく、激動の戦いへと身を投じていく……。

「鼓舞」といきなり打ち出された文字から、戦国時代が浮かび上がる
上演されたトレーラーでは、静かながらも力強い舞と、雅楽と太鼓が響く

場面は静から動へ。牛の角に篝火を付け、軍勢が大挙して押し寄せる
それを蹴散らす金色の髪を持つ戦士……一振り抜けば敵が後ろで血しぶきをあげる

 コーエーは新機種発売に合わせタイトルを同時発売させてきたが、今回は来年の夏ごろを予定している。

仁王
対応機種PLAYSTATION 3
メーカーコーエー
ジャンル歴史アクションエンタテインメント
発売日2006年夏発売予定
価格未定
(C)KOEI Co., Ltd.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた